Number Do ExBACK NUMBER

「お前向いてねえよ!」コーチの父親とケンカも…陸上界を震わす153cmの女王・田中希実「5000m分割」の発想法 

text by

林田順子

林田順子Junko Hayashida

PROFILE

photograph byTakeshi Nishimoto

posted2020/11/04 17:00

「お前向いてねえよ!」コーチの父親とケンカも…陸上界を震わす153cmの女王・田中希実「5000m分割」の発想法<Number Web> photograph by Takeshi Nishimoto

今季、1500mと3000mの日本記録を更新した田中希実。12月の日本選手権では5000mで五輪代表切符を狙う。

「お前向いてねえよ! 3000mまでの選手だよ!」

 現在、女子5000mの世界記録はレテセンベト・ギディの持つ14分06秒62。田中希実のベストタイムは日本歴代4位といっても、1分近く差がある15分00秒01。まだまだ世界は遠いことを、もちろん健智氏も、本人もわかっている。

「最初から14分6秒のゴールタイムをイメージしたら、日本人にはとてもじゃないけど無理だって思うでしょう。ただ、希実は2000mなら、5分41秒ぐらいで走れている。これは通過タイムとそんなに変わらないんですよ。だったら100m15秒で押していける力を、3000m、4000mと伸ばしていけばいい。日本人だからできないじゃなくて、日本人でもできるという戦い方があるはずなんです」

 そのために目指すのは、800mの2分切り、1500m3分台だ。

「できるできないは別だし、夢でもいいんです。だけど将来的なことを考えたら、やらずにできないじゃなくて、まずは目指す。目指した結果、何がついてくるかは後々考えればいい。目指しもせずに、どうせ日本人ダメじゃんって思ったり、やらずに後悔するよりは、チャレンジして、できないことの方が財産だと思っているんです」

 現在、女子5000mは新谷と廣中瑠梨佳が14分台をマーク。田中は追いかける格好だ。

「あとは本人がどの程度理解しているかでしょうね。僕は常々伝えているつもりななんですが、インタビューで『5000mの走り方を忘れてました』とか言っちゃうし(苦笑)。この間も本当にちょっと喧嘩しまして。『お前向いてねえよ! 性格上無理だわ! 結局3000mまでの選手だよ!』って言っちゃいました(笑)」

 時に衝突をしながらも、これまでのセオリーとは全く違うアプローチで世界を目指す田中父娘。

 12月4日に行われる日本選手権で優勝を果たせば、田中は東京オリンピックの代表に決まる。今年の集大成となるレースで、どんな走りを見せてくれるのかが楽しみだ。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
田中希実

陸上の前後の記事

ページトップ