プロ野球亭日乗BACK NUMBER

坂本勇人「31歳で2000本安打」への道を拓いた“2009年の屈辱” 後輩にも教わり極めた右軸打法

posted2020/11/08 18:00

 
坂本勇人「31歳で2000本安打」への道を拓いた“2009年の屈辱” 後輩にも教わり極めた右軸打法<Number Web> photograph by KYODO

11月8日、2000本目の安打を放ち、ヤクルトの山田哲人から花束を受け取った巨人・坂本勇人

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 口調が尖っていた。

「別に特に気になんかしていないですよ。僕は僕なりに楽しくやっている。それじゃあ悪いんですか」

 2011年。

 あれはもう9年前のことになる。

 試合後の囲み取材。巨人が東京ドームの試合で負けると取材までには時間がかかる。選手は素振りなどをしてからシャワーを浴び、着替えてロッカーから出てくる。その間に少し気持ちを落ち着かせて、駐車場へと向かう通路で記者に囲まれる。

 いつの何戦だったか正確な日づけは定かでないが、確か夏場の負け試合だった。その試合の“戦犯”として、坂本勇人は番記者に取り囲まれていた。

「あの子は順調に育っていけば、とてつもない選手になる」

 一通りゲームを振り返る話。穏やかな口調で質問に答える坂本。そこにある質問を投げかけた。

「ここのところずっと本来の打撃ではないけど、その点に関して気にすることはある?」 

 細かな言い回しは忘れたが、こんな趣旨の質問だったと思う。そして戻ってきた答えが冒頭の言葉だった。その言葉、特に「それが悪いですかね」とちょっと突き放すような不機嫌そうな表情は鮮明に覚えている。

 言われたくないことを言われた。

 それもそのはずである。

 この頃の坂本勇人はどん底にいたからだ。

「あの子は順調に育っていけば、とてつもない選手になる」

 原辰徳監督からこう耳打ちされたのは、坂本がプロ1年目を終えた2007年のシーズンオフだった。

【次ページ】“運”の強さもスターの証のように感じた

1 2 3 4 NEXT

プロ野球の前後の記事

ページトップ