JリーグPRESSBACK NUMBER

突然の引退と涙の電話…「川崎の宝」鬼木達がフロンターレで指導者への転身を決意したワケ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/10/29 11:04

突然の引退と涙の電話…「川崎の宝」鬼木達がフロンターレで指導者への転身を決意したワケ<Number Web> photograph by Getty Images

2018年にはJリーグ史上5チーム目となる連覇を達成した川崎フロンターレの鬼木監督

弱い部分を見せなかった人が、泣いていた

 チームメイトが驚いたことは言うまでもない。伊藤もその1人。

「みんな知らなかったし、みんなびっくりしていました。試合に出ていなくても練習では絶対に手を抜くことなんてなかったし、鬼さんがケガで出られないときにはその思いをくんで戦ったつもりだし。さすがに引退はないでしょって、凄く寂しい気持ちになったことは凄く覚えています」

 柏レイソルに移籍した岡山には後日、電話で引退を報告している。

 岡山は今もそのことを忘れない。携帯電話の向こう側の声が奮えていたことを。

「オレは引退する。オカはやれるだけやってくれ」

 チームメイトの前では弱い部分を見せなかった人が、泣いていた。

 引退したくてするわけじゃない。体が思うように動かないのが、どれほど辛く、どれほど腹立たしかったか。先輩の無念を思うと、岡山の涙も止まらなかった。

「そのまま指導者としてウチでやってほしい」

 引退の報告を受けたフロントとしては、プロとしての姿勢を示し続け、人望の厚い鬼木をここで手放したくない。それが強化本部長を務める庄子の偽らざる思いだった。

「試合に出られないときでも彼の姿勢は素晴らしかったですからね。引退を決めたなら、そのまま指導者としてウチでやってほしい、と。すぐにそういう話はさせてもらいました」

 鬼木もフロンターレで仕事がしたいという思いは強かった。ファン、サポーターから「川崎の宝」と呼ばれたこと自体が、何ものにも代えがたい宝物だったからだ。

「とにかく必死でやるしかなかったんですけど、みんなが大切に思ってくれていたんだな、と。僕よりうまい選手なんていっぱいいるなかで……幸せですよ。本当に力になりました」

 フロンターレへの恩返し、サポーターへの恩返し。

 鬼木達はここフロンターレで指導者になることを決意する――。

(後編に続く)

関連記事

BACK 1 2 3 4
鬼木達
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ