Number ExBACK NUMBER

「ラグビーがサッカーから学べることとは?」エディーさんが明かした“王者リバプールとの親密な関係” 

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2020/10/27 20:00

「ラグビーがサッカーから学べることとは?」エディーさんが明かした“王者リバプールとの親密な関係”<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

昨年のW杯ではイングランドを率いて準優勝したエディー・ジョーンズHC。今年4月、2023年W杯まで契約を延長した

「いま、世界の指導者に求められているのは、『ミレニアル世代』へのコーチングです。彼らは物心ついた時からコンピュータを使いこなし、SNSの発展に敏感な世代です。私も彼らにどう接するべきか考えてきましたが、サッカーのプレミアリーグで結果を残している監督、ペップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)、ユルゲン・クロップ(リバプール)の接し方を見て刺激を受けました。彼らは試合前には選手たちの輪の中に入っていき、強烈なメッセージを発する一方、試合が終わってからは肩を抱き、称賛を惜しまない。

 旧世代の指導者は、教室の前に立ち、『こうしなさい』と言えば事足りました。いまはそうではありません。教室でも机の間を動き回り、若い選手たちに刺激を与える。これが新世代の指導者像です」(2019年12月26日発売 Number993・994号より)

 あともう少ししたら、エディーさんの“学び”の成果を確かめることができる。コロナ禍によって中断されていた欧州6カ国による対抗戦「シックス・ネーションズ」が再開する。イングランドは10月31日(現地時間)、イタリアと対戦する。2023年W杯に向けて、イングランドがどのような“リスタート”を見せるのか、楽しみでならない。

 もう1点、興味深いことがある。もし次にエディーさんを取材する機会が訪れたら、是非とも聞いてみたい。

「リバプールのアナリストと、どんな話をしたんですか?」と。

Number1013号「ラグビーW杯ベスト8から1年 桜の再会」では、エディー・ジョーンズの未来予測「アフター・コロナのラグビーを語ろう」を収録。コロナ禍の影響によるラグビーの変化や世界のラグビーが向かう方向性を余すところなく論じています。詳細は誌面にてお楽しみください。
桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

BACK 1 2
エディー・ジョーンズ
ペップ・グアルディオラ
ユルゲン・クロップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ