Number ExBACK NUMBER

「テレビにいっぱい出ました!でもホントは…」ラグビーの“笑う男”中島イシレリが一瞬だけ語った本音

posted2020/10/27 11:01

 
「テレビにいっぱい出ました!でもホントは…」ラグビーの“笑う男”中島イシレリが一瞬だけ語った本音<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

神戸製鋼のグラウンドでの撮影に応じた中島イシレリ。喜びの感情を表す「イヤボイ(yeaboii)」が口癖

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

 ラグビー日本代表の「笑わない男」がPR稲垣なら、「笑う男」の象徴はこの人かもしれない。トンガ出身のPR中島イシレリはW杯後、陽気なキャラクターを生かしバラエティー番組の人気者になった。Number1013号「桜の再会」では、トンガ出身のイシレリと、PRヴァルアサエリ愛、サモア出身のCTBラファエレティモシーのアイランダー戦士3人を特集。「変わったもの。変わらぬ思い」と題し、この1年の変化や近況を近藤篤氏が取材した。3人がそれぞれについて語ったトークでは、イシレリに対するマジメな高評価が。笑いのセンスだけじゃない! そのスゴい才能とは――。

 来年1月のトップリーグ開幕に備えチームが始動したタイミングでの取材は、少し不規則な形で行われた。アサエリは後日のリモート取材。イシレリとラファエレは、神戸製鋼のクラブハウスで並んでインタビューに応えた。

 完璧に日本語を操るイシレリは、通訳をはさむラファエレの問答中も、うなずいたり茶々を入れたりと忙しい。母国のトンガ語だけでなく英語やサモア語も「だいたい分かる」そうで、その茶目っ気たっぷりの“ツッコミ”に、シャイなラファエレはずいぶん助けられていた。

 2008年に流通経済大入学を機に来日して13年目。愛妻が日本人ということもあるが、持ち前の言語能力の高さで日本語は「受け答え」のみならず、「読み書き」も進化中だ。今年2月からは日本語でTwitterを始めた。コロナ禍の自粛期間中に公開した動画では、愛息に日本語の絵本を、声色を変えてユーラスに読み聞かせる様子が大好評だった。

「ホントはね、もっとラグビーの話をしたい」

 この1年はどうだった? との問いに思わず「テレビにいっぱい出ましたね!(笑)」と即答。熱狂のW杯後は多くのバラエティー番組に出演し、その絶妙な間やお茶目なトークで人気者となった。取材やテレビ出演のオファーはほぼ断らず受けていたそうで、最近ではグルメレポーターや、再現ドラマでの演技にも挑戦。「ラグビーの話をすればいいのかと思っていたけど、最近は色々違う感じになってきました」と頭をかく。

 目立つ風貌もあって街中で声をかけられることも多い。

「嬉しいです。だってみんな、ラグビーへの思いがすごく盛り上がっているから。でも正直、ちょっと疲れてるかも」

 ホントはね、と続ける。「もっとラグビーの話をしたい。トレーニングの話とか、合宿はどんな感じ、とかラグビーの真剣な話」。真顔となったのもつかの間、目をクリクリとさせてオチをつけた。

「でもね、テレビに出ている食べ物は美味しいね。めちゃめちゃ美味しいよ!」

【次ページ】「イシさんはお笑い芸人です(笑)」

1 2 NEXT
中島イシレリ

ラグビーの前後の記事

ページトップ