Number ExBACK NUMBER

「あとでジェイミーには怒られました」ベテラン35歳田中史朗が1年経って明かす“ベスト8の舞台裏”

posted2020/10/28 17:00

 
「あとでジェイミーには怒られました」ベテラン35歳田中史朗が1年経って明かす“ベスト8の舞台裏”<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

自身3度目のW杯はベンチスタートのインパクトプレーヤーとして 活躍したSH田中史朗。4度目のW杯も「行きたい」と願う

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

ラグビーW杯ベスト8から1年。日本中を熱狂に巻き込んだ桜の勇士たちは、1年を経た今、何を思うのか。Numberラグビー特集「桜の再会」では、後半途中出場のジョーカーとして存在感を放った田中史朗が、試合の流れを変えるインパクトプレーヤーとしての役割を明かしている。35歳のベテランの脳裏に残る自身のベストプレーとは?

 歴史的勝利と言われたプール第2戦のアイルランド戦。「強いなとはずっと思っていました」という田中史朗は、決戦前、少なからず不安を感じていた。

 一方で熱を帯びたジェイミー・ジョセフHCの言葉に勝機を感じてもいたという。

「誰も俺たちが勝つとは思っていない。俺たちがやってきたことをみんなは知らない。嵐を巻き起こせ……みたいなことを言ってくれたときに、チームが1つになったというか、あの言葉ですごく自信がついたと思います。“絶対に勝つ”。みんながそう思っていましたね」

 2013年に日本人として初のスーパーラグビー選手となったパイオニアは、2015年にはジェイミーHCの下、ハイランダーズ(NZ)の初優勝にも貢献した。

「ハイランダーズのとき、ある試合前のミーティングで選手一人ひとりに鍵のようなものを配って、“鍵が1つだけでは(扉は)開かない”というような話をしたことがありました。その鍵を1つにまとめてテープでぐるぐる巻きにして。(1つになった鍵を選手に見せながら)これで扉は開くんだみたいなことを話していたんですよね」

 W杯でも同じようなシーンがあった。

 開幕戦前夜、ジェイミーHCは母国のマオリが戦いで用いるグリーンストーンを選手一人ひとりに渡した。戦いに向かう際にこれを持っていってくれ、と。

「こういう人こそがチームを勝利に導ける、モチベーションを上げるために何かできる人なんやなと、あらためて思いました」

途中出場5試合、“インパクトプレーヤー”の仕事

 W杯3大会連続出場のベテランスクラムハーフは、アイルランド戦を始め、出場した5試合すべてベンチからスタートし、まずは戦況を見守った。

「劣勢であれば流れを変えるようなプレーが求められ、逆にイケイケのときに入るのであればそれを継続し、さらに加速させることがインパクトプレーヤーの仕事。流れがいいときも悪いときも、いろいろと“読む”ことが求められるので難しいといえば難しいのですが、みんなが疲れているときに投入され、重要な役割を担う。そこでもう一度、元気やエナジーを持ってもらえるようにチーム全体に声掛けすることを常に意識していました」

 アイルランド戦では、流大にかわって後半16分に途中出場し、その2分後には、敵陣22mエリア右中間からの連続攻撃の起点となった。力強いボールキャリアへじっくりつなぎ、相手が反則するや左大外へ展開。最後は福岡堅樹がインゴール左に飛び込みトライを決めると、日本は逆転に成功した。

【次ページ】ベストプレーは? 予想外の答え

1 2 NEXT
田中史朗
ジェイミー・ジョセフ

ラグビーの前後の記事

ページトップ