SCORE CARDBACK NUMBER

“バブル”は成功裡に終了も、山積するNBA来季への課題。

posted2020/10/25 07:00

 
“バブル”は成功裡に終了も、山積するNBA来季への課題。<Number Web> photograph by Getty Images

レイカーズの優勝で幕を閉じたNBA。周囲から隔離されたバブルでシーズンを再開し、ファイナルまで開催した

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 言葉のかわりに、涙があふれ出てきた。NBAファイナル第6戦に敗れた後の会見で、エリック・スポールストラ(マイアミ・ヒートヘッドコーチ)は、話し始める前に何度も涙をぬぐった。ふだん冷静なコーチの、珍しい表情だった。

「本当はこういう(感情的な)人間ではないんだが……。妻もこれを見て『誰?』と思っているに違いない」

 優勝を逃したことに加え、コロナ禍における長く異例なシーズンや、感染拡大防止のための隔離区域“バブル”で家族と離れて過ごした3カ月の重みが涙となってあふれ出た。

“バブル”で行われたNBA再開シーズンは、大局的に見ると大成功のうちに幕を閉じた。7月に22チームで始まり、10月にチャンピオンを決めるまで戦い抜くことができた。その間、“バブル”内から1人も感染者が出なかった。選手やコーチたちは口々に、これを計画して実行したリーグ本部と選手会に感謝した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

エリック・スポールストラ
レブロン・ジェームズ
アダム・シルバー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ