Overseas ReportBACK NUMBER

リーグ再開のNBA、試合激減のMLB、感染爆発の大学アメフト…米国スポーツで“明暗が分かれた”理由

posted2020/09/30 17:00

 
リーグ再開のNBA、試合激減のMLB、感染爆発の大学アメフト…米国スポーツで“明暗が分かれた”理由<Number Web> photograph by Getty Images

NBAはフロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内にある複合施設「ESPN Wide World Of Sports」の会場で集中開催した

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 新型コロナウィルスの感染拡大は、米国のスポーツシーズンにも大きな影響を及ぼした。3月のリーグ中断から無事に再開を果たしたNBA、オープン戦途中で中断になり、試合数を減らして開幕したMLB、新学期に入り学生がキャンパスに戻り、クラスター感染が多発しているなかで、強硬にシーズンを開始した大学スポーツの花形アメリカンフットボール。

 各スポーツがどのようなコロナ対策を立て、どんな状況になっているのだろう。

選手を1カ所に完全隔離したNBA

「試合が終わりバブルの外に出たら、マスクをしていない人もいて驚きました。バブル内は本当に安全だったと今更ながらに実感しています」

 そう話すのは、NBAオーランド・マジックでアスレチックトレーナーを務めていた田島彰人さんだ。

 3月中旬にリーグが中断。一時はそのままシーズン終了かとも噂されたが、NBAはフロリダ州にあるディズニー・ワールドの施設の一角に『バブル(隔離空間)』を設け、22チームの選手と関係者を入れて、リーグ再開を果たした。

 再開にあたって、NBAは厳格なガイドラインを定め、最大限の感染対策を行った。

「検査も毎日行われ、検査結果はGM、オーナー、メディカルチームに送付されました。陽性になった選手は3日間隔離され、陰性が2回でたらチームに合流できる規則です」

 選手一人ずつにBluetoothに接続された体温計や酸素濃度計が配られ、毎朝測定が義務づけられた。そのデータはマジックバンドと呼ばれるリストバンドに繋がっていて、体温などが未測定だった場合は施設内に入れない仕組みになっていたという。

 バブル内にはヘアサロンやゴルフの練習場などもあり、試合以外は部屋に幽閉という状態ではないが、バブル外に出たり、出前を取った選手は自主隔離のペナルティが科され、マスクを着用せずにウロウロすると警告があるなど、厳しい制限もあった。

【次ページ】リーグ終盤には陽性者ゼロに

1 2 3 NEXT
オーランド・マジック
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ