オリンピックへの道BACK NUMBER

「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識
 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2020/10/18 06:00

「勝負強さに欠ける」という視線を跳ね返し…桐生祥秀の「勝ち」へのこだわりとプロ意識<Number Web> photograph by Asami Enomoto

日本選手権優勝で2020年シーズンを終えた桐生。2~3週間完全なオフとする予定だ

五輪代表には内定したが、レース後、涙を流した

 リオデジャネイロ五輪代表選考がかかった2016年は、直前の大会で10秒01の好記録を出して臨んだ。だが、レース中に右足にけいれんを起こした影響もあり3位。五輪代表には内定したが、レース後、涙を流した。

 2017年は4位にとどまり、同年の世界選手権100mの代表を逃すことに。

 2018年は準決勝を全体1位で通過しながら決勝は3位。アジア大会100mの代表入りはならなかった。

 2017年の日本選手権後の言葉が印象深い。

「(自分自身に)足をすくわれました」

「プロとして」といった趣旨の言葉を口に

 記録は記録として尊い。同時に「勝つこと」も重要だ。そういう意味で、桐生にとって、今回の日本選手権優勝は価値がある。

 大会には、今シーズン、10秒03の好記録を出し好調を伝えられるケンブリッジ飛鳥らがいた。勝負はもつれた。最後は0秒01差の接戦ではあっても、だからこそ勝ったことに意義がある。

 多田修平の前半からの飛び出しに対し、落ち着いたレース運びをしたことも価値がある。

「6年ぶりの優勝は、ずっと注目してもらってきた中で、5年間勝てなかったということです。そういう面でも今回勝てたのはよかったなと思います」

 桐生の言葉である。

 桐生は一昨年に大学を卒業するとともに、スポンサーを得て、プロのアスリートという立場で競技活動に打ち込んできた。自身、「プロとして」といった趣旨の言葉を口にしてきた。

【次ページ】 東京五輪100mの代表は最大3枠

BACK 1 2 3 NEXT
桐生祥秀
サニブラウン・アブデル・ハキーム
小池祐貴
ケンブリッジ飛鳥
多田修平
山縣亮太

陸上の前後の記事

ページトップ