フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

右肩脱臼に曲間違い…本田真凜を支えた“兄妹愛” 太一、望結、紗来もそれぞれの戦いへ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byTakao Fujita

posted2020/10/14 17:00

右肩脱臼に曲間違い…本田真凜を支えた“兄妹愛” 太一、望結、紗来もそれぞれの戦いへ<Number Web> photograph by Takao Fujita

東京選手権に出場した本田真凜(左)と望結。11月5日から山梨県で行われる東日本選手権で再び同じ舞台に立つ

「『失格です』と言われるんだなと覚悟しました」

 ホッとした笑みを見せる。キス&クライで得点を待ったが、異例の事態に、得点が出るまでに時間がかかった。

「点数がなかなか出なくて、『失格です』と言われるんだなと覚悟しました。点数が出た時は嬉しかったです」

 得点は総合140.95点で7位。奇跡的な本番力で、東日本へと勝ち進んだ。

 演技後、真凜は「まだドキドキしてます」と苦笑いしながらZoomインタビューに登場した。ことの経緯を、面白いハプニングというノリで話す。

「東日本選手権は、まず正しい曲で滑ることが目標。あとは怪我を治すことです」

 その精神力は、真凜の一番の強みだろう。姉の演技を見た望結も、姉の笑顔をみてホッとした様子だ。

「お姉ちゃんは衣装を忘れたり、ハプニングがあるほうが、お姉ちゃんらしく滑ってくれますね。次の試合でまた、一緒に戦えるのが嬉しいです」

 近畿選手権と東京選手権。兄と3人の妹は、お互いを思いやり、励まし合い、一歩を記した。4人の誰が欠けても、前に進めなかっただろう。兄妹愛のパワーにちょっと羨ましくなるような、そんな2つの試合だった。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
本田太一
本田望結
本田紗来
本田真凜

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ