マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「エースは中2の女の子」北海道、過疎の町の野球チームから“初の甲子園選手”が出るか 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHidaka Baseball Club

posted2020/10/05 17:01

「エースは中2の女の子」北海道、過疎の町の野球チームから“初の甲子園選手”が出るか<Number Web> photograph by Hidaka Baseball Club

北海道の日高ベースボールクラブ。中、小学生合わせて15人。エースは中学2年の女の子だ

あと4つ勝てば……

 5回1死2塁も、タテのスライダーで2者連続三振を奪って切り抜け、こりゃあこのままいくなぁ……と思った通り、きっちり2時間の105球で3安打6三振。完封してしまったから、驚いた。

 試合の後、目の前にやって来た「小沼C」は、あの頃より倍も大きくなったように見えた。もうすっかり「小沼快登」という“野球人”になっていた。

 ちょっと話して、ありがとうございました!と言って、向こうに歩いていく後ろ姿の歩き方がなんだかおかしい。右足を出す時に、右腰が落ちる。

 聞けば、前の試合で股関節を痛めて、全力疾走はできない状態だという。いや、そんなことはない。試合では、確かに走っていた。走っていたし、バント処理の動きなんか、オッと思うほど敏捷だった。

 そういうところは、子供の頃のまんまだ……。

 4日から始まった高校野球秋季北海道大会。 そこで、4つ勝てば、小沼快登、よもやのセンバツ甲子園。

 若いヤツの潜在能力ほど怖ろしいものはない。よもや、まさか……を、あっさりひっくり返して「現実」にしてしまう場面を、野球の現場で何度も目の当たりにしてきた。

 まさか、ないだろう……と思いながら、もう一度、北海道へ行ってみようかと思っている。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
日高ベースボールクラブ

高校野球の前後の記事

ページトップ