オリンピックへの道BACK NUMBER

内村航平や村上茉愛ら復活を期す体操“4人のエース” 試金石の全日本シニア選手権へ

posted2020/09/19 17:00

 
内村航平や村上茉愛ら復活を期す体操“4人のエース” 試金石の全日本シニア選手権へ<Number Web> photograph by KYODO

去年の全日本シニア選手権は個人総合で5位に終わった内村。今年は鉄棒専念表明後、初の実戦となる。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

KYODO

 体操の全日本シニア・マスターズ選手権が9月20日から22日にかけて、高崎アリーナで開催される。

 中でも関心が集まるのは、22日に行なわれるシニアだ。

 団体種目と個人種目が実施される今大会は、今年になって初めての全国規模の大会であり、選手たちにとって久しぶりの実戦となる舞台だ。そこに日本代表として活躍してきた上位の選手たちも出場する。

 男子は、内村航平、白井健三、田中佑典、加藤凌平、山室光史の2016年リオデジャネイロ五輪団体の金メダルメンバーが同じ第14班に集結。

 女子も村上茉愛、寺本明日香、中村有美香、畠田瞳、畠田千愛、宮川紗江と代表クラスのメンバーが第19班にそろった。

鉄棒に絞った内村に注目

 そうそうたる顔ぶれの中、やはり注目は内村だ。

 来年に開催が予定されている東京五輪。内村は鉄棒に絞って目指すことを延期決定後に明らかにしている。どのようなケアをしても容易に消えない肩痛を抱え、それでも大舞台を目指す道を探し、たどり着いた結論だった。

 4度目のオリンピックへの本格的な再スタートが今大会となる。

 東京五輪は、日本が出場枠を獲得している団体総合で4名が出場する。

 それとは別に、個人の出場枠があり、1国あたり最大2名。内村はこの枠での出場を目指しているが、そのうち1名については、ワールドカップ種目別で個人枠を獲得した選手がいた場合、その選手が内定となる。

【次ページ】「一番良かった時の勢い、迫力を取り戻したい」

1 2 3 NEXT
内村航平
白井健三
村上茉愛
寺本明日香
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ