酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

佐野恵太が狙えるイチロー、落合、青木らと同じ偉業とは 週刊セパ好成績&珍記録まとめ

posted2020/09/15 07:00

 
佐野恵太が狙えるイチロー、落合、青木らと同じ偉業とは 週刊セパ好成績&珍記録まとめ<Number Web> photograph by Kyodo News

“筒香の後釜”の重責を担っている佐野恵太。前任者の穴を埋めて余りある活躍ぶりだ。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今週末から観客動員の上限が緩和される。球場の空気も変わってくるだろう。

【今週の“ぴかイチ” DeNA 佐野恵太】

「筒香嘉智がメジャーに行ったから、今年から佐野が4番で主将ね! よろしく」

「はい、わかりました」

 で、そのままうまくいけば、世の中こんなに楽なことはないだろう。でも、本当にそうなりそうなのが今年のDeNAだ。

 佐野恵太はプロ4年目の25歳。名門・広陵高校から明治大を経てのプロ入りだが、ドラフト指名順位は9位。セ・リーグでは最後の本指名選手だった。

 1年目の安打数はわずか2本。大谷翔平や藤浪晋太郎、鈴木誠也ら大物が居並ぶ1994年世代では目立つ存在ではなかった。そこからじわじわと打席数を増やし、昨年は215打席200打数59安打、打率.295。確かに今年は勝負の年ではあった。

 とはいえ、いきなりチームの顔だった筒香の後釜に座るのは、大相撲でいう「家賃が高い」のではないかと思ったのだが……。

スランプ知らずのハイアベレージ。

<今季の月別打撃成績>
6月 10試37打数13安 0本5点
打率.351
7月 26試100打数33安打4本14点
打率.330
8月 26試99打数34安打6本22点
打率.343
9月 12試49打数21安打1本12点
打率.429

 ほとんどスランプ知らずである。

 感心したのは、7月中旬、打率こそ上がっていたものの本塁打が出ずに「物足りない」という評が出ると、7月22日に初本塁打、以後、本塁打もきちっと打つようになったことだ。アベレージヒッターが無理に本塁打を打ちにいって打率を下げることはよくあるが、佐野はそうはならなかった。

 9月に入って1試合2安打近くを打っている。今季通算打率は.354、2位のヤクルト村上宗隆に2分5厘もの差をつけて首位打者街道を驀進している。

【次ページ】 「初規定打席で首位打者」の豪華な面々

1 2 3 4 5 NEXT
佐野恵太
横浜DeNAベイスターズ
宮崎敏郎
イチロー
落合博満
青木宣親
内川聖一
古田敦也
吉川尚輝
澤村拓一

プロ野球の前後のコラム

ページトップ