JリーグPRESSBACK NUMBER

丸山桂里奈と電撃婚 56歳本並健治って、どんなサッカー選手だった? 腎臓破裂でも“プレー続行”伝説 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/09/09 18:00

丸山桂里奈と電撃婚 56歳本並健治って、どんなサッカー選手だった? 腎臓破裂でも“プレー続行”伝説<Number Web> photograph by J.LEAGUE

現役時代はガンバ大阪、ヴェルディでプレーした本並

「Jリーグが開幕してお客さんがたくさん入るようになって、試合になるとアドレナリンが出まくっていたんだよね。あの試合もそうだった。痛みはもちろんあったけど、最後までやらなきゃって思ったんだ」

29歳での日本代表デビュー

 94年には日本代表に選出されている。同年3月に就任したパウロ・ロベルト・ファルカン監督のもとで、5月に国際Aマッチデビューを飾る。若返りを図るチームで、柱谷哲二と並ぶ最年長の29歳だった。

 デビュー戦となったフランス戦には後半開始から出場し、キャッチミスを含む2失点を喫した。ほろ苦い初陣である。7月のガーナ戦にも招集されるが、チームのターゲットだった秋のアジア大会はメンバー外となる。そのまま国際舞台からは遠ざかっていった。

 日本代表への定着は叶わなかったものの、ガンバでは絶対的守護神であり続けた。94年と95年はフル稼働し、96年途中までレギュラーポジションを守った。オープンで飾り気のない性格がチームメイトを惹きつけ、アカデミーからトップチームへ昇格した宮本恒靖や稲本潤一らの成長を見守りつつ、97年途中に出場機会を求めてヴェルディ川崎へ期限付き移籍する。

37歳、ヴェルディで現役引退

 翌98年からは完全移籍へ切り替えた。6月の誕生日で34歳となるシーズンである。GKはフィールドプレーヤーに比べて選手寿命が長いとはいえ、古巣ガンバとの別れは大きな決断だったはずだ。ひとつのクラブでキャリアを全うすれば、引退後にコーチなどの仕事を与えられる可能性は高まるからだ。

 ところが、本人はサラリと話すのである。

「いやいや、自分ではまだまだできると思っているので、完全移籍を選びました。ここからサッカーが楽しくなっていくんじゃないかな」

 ヴェルディでは3歳年下の菊池新吉らとポジション争いを繰り広げ、99年、2000年と2シーズン連続で正GKを勝ち取った。99年の第1ステージでは、若き日の中澤佑二らと守備陣を形成し、リーグ最少タイの失点を記録した。チームも2位に食い込んでいる。

 現役最後のシーズンとなった01年も、リーグ戦の半分にあたる15試合に出場している。“浪速のイタリアーノ”と呼ばれる男は地道にトレーニングに取り組む姿勢を貫き、J1リーグ通算209試合出場のキャリアを形作った。

 37歳で現役に幕を下ろしてからは、解説者としてテレビなどに出演しながら、指導者の道を進んでいく。国内最高位のS級ライセンス取得後は、女子サッカーチームで監督を務めた。

 女子ワールドカップ優勝メンバーの新妻には及ばないものの、本並がピッチに記した足跡も色濃いのだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2
本並健治

Jリーグの前後の記事

ページトップ