Beyond The GameBACK NUMBER

まっとうできぬをよしとせず。~内田篤人の選択と美学~

posted2020/09/09 11:30

 
まっとうできぬをよしとせず。~内田篤人の選択と美学~<Number Web> photograph by Itaru Chiba

現役最後の試合後、そのプレーと同じく印象的なスピーチを行った内田。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

 自然なふるまいが他者を輝かせる。本当の意味でのスターだ。

 内田篤人。引退のその夜、鹿島アントラーズを静かに深く照らした。絶大な人気、端正な風貌、どちらとも関係なく、積み上げてきた実績、等身大の光が所属クラブの美質を際立たせた。

「鹿島アントラーズというチームは数多くのタイトルを獲ってきた裏で、多くの先輩方が選手生命を削りながら勝つために日々、努力する姿を僕は見てきました。僕はその姿をいまの後輩に見せることができない」

 スタジアムでのスピーチはここから始まる。そして、プロ選手をめざす子どもたちへのメッセージでしめくくられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1007文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

藤井聡太と将棋の天才

Sports Graphic Number 1010

藤井聡太と将棋の天才

 

関連記事

内田篤人
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ