“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

筑波大DF角田涼太朗、Jオファー殺到の希少価値と葛藤。「どのクラブを選んでも間違いはない」

posted2020/09/08 08:00

 
筑波大DF角田涼太朗、Jオファー殺到の希少価値と葛藤。「どのクラブを選んでも間違いはない」<Number Web> photograph by Takahito Ando

Jクラブの多くが注目する筑波大DF角田涼太朗(3年)。前橋育英高時代には全国制覇に貢献している。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 9月2日にケーズデンキスタジアム水戸で行われた天皇杯茨城県予選決勝。筑波大vs.流通経済大の一戦には、豊富なタレントを揃える強豪大学同士の戦いとあって、多くのJクラブのスカウトが集結した。

 その中でひときわ熱視線を集めたのが、筑波大・3年生DF角田涼太朗(つのだ・りょうたろう)だ。すでに5つのクラブ(その大半がJ1)が正式オファーを出すなど、大学3年生ながら早くも激しい争奪戦が繰り広げられている。

 浦和レッズジュニアユース出身の角田は、ユース昇格が果たせず、前橋育英高に進学した。高2からレギュラーを掴み、その年の全国高校サッカー選手権で準優勝に貢献。高3では同校の初優勝を達成し、同大会の優秀選手にも選出された。進学した筑波大では1年時から左サイドバック、CBとしてレギュラーに定着。今季は守備の要として君臨している。

希少価値の高い「左利き」だけではない。

 角田がJクラブの目利きたちを魅了する理由は何か。

 まず、他の選手と一線を画すのが、希少価値が高い「左利きのCB」であること。

 GKやDFラインからのビルドアップが主流となる近代サッカーにおいて、左CBに右利きではなく、左利きの選手を置くメリットは多い。相手のプレスをかわしやすいのはもちろん、同サイドへのキックと逆サイドへの対角線上へのキックの精度が上がることで、攻撃への切り替えもスムーズになり、戦術の幅も広がる。

 ただ、角田は決して「左足」だけで勝負をしているわけではない。181cmと決して大柄ではないが、空中戦に強く、滞空時間が長いヘッドも武器。さらに身体操作にも優れ、ターンのスピード、軽快なステップワーク、鋭い洞察力を併せ持ち、質の高い初動を見せるのが魅力だ。もちろん、加速力や持久力も高く、広い守備範囲を彼1人でカバーできる。

 どのクラブも喉から手が出るほど欲しい逸材なのがお分りいただけるだろう。

「左利きであることをフィーチャーされてしまいますが、僕はそれ以前にDFとして戦える選手でありたいし、チームを鼓舞したり、安心感を与える存在でありたい。DFとして当たり前のことをハイアベレージでやった上での“左利き”でありたいと思っています」

 左利きというのはあくまでオプション。角田自身は「守れるCB」であることに価値を見出している。

 その考え方は進学した筑波大でより明確となった。

【次ページ】 「客観視」できるようになった。

1 2 3 4 5 NEXT
角田涼太朗
筑波大学
前橋育英高校
小井土正亮

Jリーグの前後のコラム

ページトップ