スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

甦ったケンブリッジ飛鳥の進化は止まらない。高橋大輔の元トレーナーが支えるオリンピックへ続く道。

posted2020/09/03 20:00

 
甦ったケンブリッジ飛鳥の進化は止まらない。高橋大輔の元トレーナーが支えるオリンピックへ続く道。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

セイコーゴールデングランプリで安定した走りを披露したケンブリッジ飛鳥は直後に自己ベストを更新し、復調を見せつけた。進化はまだ止まらない。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 ケンブリッジ飛鳥が、甦った。

 今季初戦となった7月24日の東京選手権で大会新記録となる10秒22で始動。続いて、8月23日のセイコーゴールデングランプリでは、国内の一線級が顔をそろえる中、桐生祥秀に次いで10秒16で2着。

 そして8月29日に福井で行われた「ナイトゲームズ・イン福井」では自己ベストとなる10秒03をたたき出しただけでなく、桐生に先着して1位でフィニッシュした。

 完全復活というよりも、これからの伸びが期待できる走りである。

ケンブリッジの安定感を生んだ人。

 2017年のロンドン世界陸上で忘れられないことがある。

 ケンブリッジは男子400mリレーの予選ではアンカーを務めていたが、内容に不安を残した走りだったため、決勝ではベテランの藤光謙司にその座を譲った。日本は銅メダルを獲得したが、ケンブリッジの存在感が薄らいだのは否定できなかった。が、来年に延期されたオリンピックを控え、これまでとは違った安定感、落ち着いた雰囲気を醸し出すようになった。

 その背景にはなにがあったのか。

 ケンブリッジは環境を変えていた。2019年の暮れから渡部文緒トレーナーと協同作業を進め、フィジカルの見直しを行っていた。

 渡部氏は、これまでメダリストと仕事をしてきた経験を持つ。フィギュアスケートの高橋大輔だ。

 ケンブリッジとの作業はどうやって始まったのか、渡部氏に話を聞いた。

【次ページ】 高橋大輔とトップの大変さを知った。

1 2 3 4 5 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
高橋大輔
渡部文緒
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ