バレーボールPRESSBACK NUMBER

34歳福澤達哉がパリ・バレー再挑戦。
選手、父として完全燃焼する姿を!

posted2020/08/13 20:00

 
34歳福澤達哉がパリ・バレー再挑戦。選手、父として完全燃焼する姿を!<Number Web> photograph by Takahisa Hirano/AFLO

昨季に続き、今季もパリ・バレーでプレーする福澤。9日、現地へと出発した。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

Takahisa Hirano/AFLO

 8月9日、バレーボール日本代表の福澤達哉(パナソニックパンサーズ)はフランスへと旅立った。昨シーズンに続き今季も、パリ・バレーにレンタル移籍し、フランスリーグでプレーする。

「自分の中で、心残りがあったので」

 福澤は、決断の理由をそう明かす。

 昨シーズンの渡仏前、「1アスリートとして、自分の限界がどこにあるのか、海外でどこまで勝負できるのか見てみたい」と話していた。

 しかし昨季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、フランスリーグは3月途中に、レギュラーラウンドの最後の2戦を残して中止となった。

「僕らは残り2戦の結果次第でプレーオフに進めるか進めないか、というラインにいました。それにフレンチカップというカップ戦でもタイトルを獲るチャンスがあった。そういう、勝たなきゃいけない本当に重要な場面で勝ち切ることが、僕にとっては大事なポイントでした。そこを乗り越えられるかどうか、目の前にあるチャンスをつかめるかどうかが、選手としても、自分の人生の経験としても、大きいという感覚があったので、今度はそれを味わいたい、その先に自分がどうなるのかを見てみたいという思いがありました」

これまで進んできた道は、ゆずれない。

 福澤は、今夏の東京五輪をバレー人生の区切りと考えていた。しかしその五輪が1年延期となった。34歳にとっての1年は長い。しかし福澤は、諦めることは考えなかった。

「昨年のワールドカップも、その後のフランスでのシーズンも、なんか、自分が今までこれをやりたい、こうやっていこうと信じて進んできた道が、かたちになってきているような感覚が僕の中ではありました。

 だからそれを、オリンピックが延期になったからといって、簡単に手放すことはできないなと思いました」

【次ページ】 「家族も一緒に戦ってくれているんだなと」

1 2 3 4 NEXT
福澤達哉
パナソニックパンサーズ
パリ・バレー
大塚達宣
高橋藍
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ