オリンピックへの道BACK NUMBER

LINE振付指導で「正面はどこ?」。
フィギュアスケーターたちの模索。

posted2020/08/16 11:40

 
LINE振付指導で「正面はどこ?」。フィギュアスケーターたちの模索。<Number Web> photograph by Manabu Takahashi

シニア強化合宿の練習中、膝をつく坂本花織。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Manabu Takahashi

 新型コロナウィルスは、フィギュアスケート界にも大きな影響を及ぼしている。

 世界中のほとんどのスケーターが氷上に上がることができない期間が続き、選手たちは本来のオフシーズンとは異なる時間を過ごしてきた。

 先月下旬、全日本シニア強化合宿に参加した選手たちはリモートで取材に対応した。語られたのは、やはり練習が困難であった事実だった。

「滑ることができなかったのは、だいたい、1カ月半くらいです」

 田中刑事は言う。

 緊急事態宣言後、氷上練習ができなくなり、宣言解除ののち、練習が可能になった。

 ただ、心境をこう明かす。

「正直、モチベーションを維持するのが難しいです」

「残念な気持ちを共有しました」

 そこには昨シーズンから続く経緯がある。

 本来であれば、3月、昨シーズンの集大成となるカナダでの世界選手権に出場するはずだった。

 田中が大会の中止を聞いたのは現地入りした後のこと。すぐさま、帰国の途についた。結局、2泊4日となった。

「自分でもびっくりするくらい弾丸でした。ゆづ(羽生結弦)や、(宇野)昌磨、みんなと連絡をとりあって残念な気持ちを共有しました」

 それで気持ちが落ち着くことはなかった。

「日本に帰ったときには、(精神面で)けっこう来ましたね」

 調子はよかったと言う。なおさら、練習が再開されたあとも気持ちを引きずることになった。

【次ページ】「『何の練習をしたらいいのかな』という感じで」

1 2 3 NEXT
田中刑事
羽生結弦
宇野昌磨
樋口新葉
横井ゆは菜
坂本花織
佐藤駿
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ