JリーグPRESSBACK NUMBER

J2山口・佐藤健太郎、400試合出場へ。
財前&宮沢に学んだ“理想の先輩像”。

posted2020/08/12 11:30

 
J2山口・佐藤健太郎、400試合出場へ。財前&宮沢に学んだ“理想の先輩像”。<Number Web> photograph by RENOFA YAMAGUCHI FC

8月14日で36歳となるMF佐藤健太郎。J1・J2通算400試合出場まであと「2」。

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph by

RENOFA YAMAGUCHI FC

 レノファ山口のMF佐藤健太郎が、間もなく節目の瞬間を迎える。第10節終了時点でJ2リーグは通算306試合、J1リーグは92試合に出場。J1・J2通算400試合出場まで、あと2試合となった。

 名張西高(三重)、順天堂大を経て2007年にモンテディオ山形に加入。35歳、14年目を迎えたプロキャリアを振り返ると、毎シーズン、コンスタントに試合出場を重ねていることが目を引く。

 山形での2年目以降、'12年に移籍したジェフユナイテッド千葉、'16年にプレーした京都サンガF.C.で、コンスタントに年間リーグ戦30~40試合に出場。'17年から在籍する山口で負傷離脱したシーズンもあったが、プロ1年目を除けば常に20試合以上に出場している。

 J1・J2通算の得点はわずかに3で、'12年以降は無得点。目に見える結果はなくとも、優れた危機察知能力を生かしたボール奪取と、利き足の左足から繰り出す的確な配球が持ち味のボランチとして、歴代の指揮官の信頼を勝ち取ってきた。

財前宣之、宮沢克行との出会い。

「縁があって、いろいろなクラブでプレーさせてもらい、いろいろな人に影響を受けてきました」

 そう語るプロキャリアの原点は、山形での出会いにあるという。

 '07年、佐藤が加入した山形に30歳のMFがいた。財前宣之と宮沢克行。チームの主軸だった2人から学んだのは、ピッチ上のプレーだけではない。

「どんなときも一喜一憂せず、試合に向けて淡々と準備する姿を見て、かっこいいと思いました。それから、自分もそうなりたいと思って心掛けています」

【次ページ】 「1、2年目で出会う先輩は大事」

1 2 3 4 NEXT
佐藤健太郎
レノファ山口
財前宣之
宮沢克行
山口智
坂本將貴
山瀬功治
坪井慶介
霜田正浩

Jリーグの前後のコラム

ページトップ