JリーグPRESSBACK NUMBER

レアンドロ・ダミアンの“髭ポーズ”。
通訳が明かす秘話、敬愛する父へ。

posted2020/08/12 08:00

 
レアンドロ・ダミアンの“髭ポーズ”。通訳が明かす秘話、敬愛する父へ。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

大分戦でゴールを決めた後、髭ポーズを見せた川崎FWレアンドロ・ダミアン。この日は愛息に向けたパフォーマンスも披露した。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 ゴールが決まった瞬間、会場中のカメラがいっせいに1人の男を追う。

 さながら舞台の上でスポットライトを当てられているかのように、試合を観戦するすべての人間の視線がその男に注がれる。

 満員の観客がいようとも、無観客でサポーターがいなくても、そんな最高の瞬間を独り占めできるのは、ゴールを奪った男だけである。

 8月8日、J1第9節川崎フロンターレvs.大分トリニータの前半24分。相手のミスからボールを奪ったFWレアンドロ・ダミアンは、しなやかなシュートフェイントから華麗にGKの脇を抜いてゴールを陥れた。

 ゴール裏を横切り、カメラの前に走ったダミアンは、周りの選手を呼び、子供に人気のヒットソング『ベイビーシャーク』のダンスを披露。新型コロナウイルスの影響による自粛期間中、日々の支えになったという愛息に向かってパフォーマンスを届けた。

「いつも考えているのはチームが勝利すること。まずはチームが勝つことが一番重要です。その上で、今日はゴールという形でチームの力になれたことをすごく嬉しく思います。今日は息子の誕生日で特別な日でした。そんな日にゴールを決められて嬉しく思っています」

敬愛する父親への“髭ポーズ”。

 家族思いで、紳士で、真面目。

 かつてロンドン五輪で得点王を獲得し、ブラジル代表にも名を連ねた男は、その輝かしい経歴を振りかざすことなく、チームのために働いている。スタメンだろうが、途中出場だろうが関係ない。ゴールを奪えなかったとしても、チームが勝つことを最優先にしてピッチに立つ。勝利だけを目指して邁進する姿は、川崎にとって大きな存在となりつつある。

 そんな男が、毎回スポットライトが当たる度に行うゴールセレブレーションがある。

 立派な口髭を蓄えた敬愛する父親に向け、両手の人差し指と中指を鼻の近くで合わせて作る“髭ポーズ”だ。

 これはダミアンの人生の中で、父親の存在がいかに大きいものかを示すパフォーマンスであることを知ってもらいたい。

【次ページ】 貧しい環境でもサッカーを続けた。

1 2 3 NEXT
レアンドロ・ダミアン
川崎フロンターレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ