プロ野球PRESSBACK NUMBER

阪神の好調支える4番大山とボーア。
期待が持てる藤浪晋太郎の球威。 

text by

藪恵壹

藪恵壹Keiichi Yabu

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/07/29 11:50

阪神の好調支える4番大山とボーア。期待が持てる藤浪晋太郎の球威。<Number Web> photograph by Kyodo News

28日ヤクルト戦で今季2本目となる満塁ホームランを放った阪神ボーア。

藤浪は「7回を投げ切ること」

 23日の広島戦に先発した藤浪晋太郎も好材料になりそうです。

 立ち上がりは苦戦しましたが、鈴木誠也を速球の威力で抑えきりました。あの球威やスピードが落ちないうちは、本人もコントロールを重視するスタイルへは踏み切れないでしょう。フォームもきつめのインステップに戻していましたし、しっくりくる形になってきたのではないでしょうか。

 6回に満塁ホームランを浴びて4失点を喫しましたが、打たれた球も間違ってはいなかったと思います。打ったピエラは、4回の打席ではシュートに詰まらされたセカンドゴロでした。それでストレートを狙ってきたのだと思いますが、打てる高めのゾーンにいってしまったんですね。低めならライトフライだったでしょう。限りなく無失点に近い、次に繋がる内容だったと思います。

 右バッターのインコースでストライクが取れない、やはりフォアボールの数が多いといった課題もありますが、まずは7回を投げ切ることを目標に。明日(30日)に予定されている登板にも期待したいですね。

関連コラム

BACK 1 2 3
阪神タイガース
大山悠輔
ジャスティン・ボーア
藤浪晋太郎
梅野隆太郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ