オリンピックPRESSBACK NUMBER

カワイイだけじゃない異色の空手家。
月井隼南はフィリピンから東京五輪へ。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKushima Makoto

posted2020/07/11 19:00

カワイイだけじゃない異色の空手家。月井隼南はフィリピンから東京五輪へ。<Number Web> photograph by Kushima Makoto

一見オシャレで華奢な女性に見えるが……試合となると恐るべき気迫を見せる月井隼南。「貧困」をテーマに講演活動なども。

「病院にいないで走れるだけマシみたいな感じ」

 7月中旬の時点でフィリピンに戻れる目処は立っていない。

 まだオリンピック出場権を獲得したわけではないだけに、本来ならば今年6月の行われる予定だった最終選考会に全てをかけるつもりだった。現在は父が代表を務める『ワールドカラテアカデミー』を拠点に汗を流す。故障しがちだったヒザとも、うまく付き合っているつもりだ。

「これ以上オーバーワークしたら、悲鳴を上げるとか、練習した瞬間にわかるようになってきました」

 最終選考会は1年延期された東京オリンピックを直前に控えた、2021年6月に開催される予定。

 第三者から見るとモチベーションの維持が難しくなってくるように思えるが、月井の気持ちは揺れていない。

「ほかの選手と比べるとケガが長かったので、手さぐりの状態には慣れている。私からしたら病院にいないで走れるだけマシみたいな感じですね」

 フランス映画『アメリ』の主人公と重なり合うキュートなルックスの奥底では、不屈の闘志が燃え上がっている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
月井隼南
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ