熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

ブラジル流“辛口”は期待の裏返し。
本田圭佑が特長を発揮するための策。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byZUMA Press/AFLO

posted2020/07/10 07:00

ブラジル流“辛口”は期待の裏返し。本田圭佑が特長を発揮するための策。<Number Web> photograph by ZUMA Press/AFLO

コロナ禍のブラジルでは、試合前に検温などを受ける本田圭佑。サッカー王国での挑戦、本番はこれからだ。

粗削りなチームに何を付け加える?

 若い選手が多く粗削りだが、今後が楽しみなチームではある。そこに、6月13日に34歳になった背番号4が何を付け加えることができるか。

 ボタフォゴの次の試合はブラジルリーグで、8月9日に開幕する。8月26日にはコパ・ド・ブラジルが再開され、パラナとの3回戦第2レグ(第1レグは、ボタフォゴがホームで1-0で先勝)を戦う。

 それまで、ボタフォゴと本田には十分な調整期間がある。

 リオのボタフォゴへ舞い降りてから5カ月。本田は、試合に出場するという最低限の目標は達成している。その言動がクラブ幹部と地元メディアから「模範的なプロ」と賞賛を集め、すでにチームリーダーとなっている。だからこそ、今後、自分の特長を存分に発揮しなければなるまい。

3トップか、現ポジションなら……。

 そのためには当面、2つの方法が考えられる。

 よりゴールに近い位置でプレーして直接得点にからむべく、3トップの右サイドかトップ下のポジションを勝ち取ること。あるいは、現在のポジションでプレーを続けるのであれば、試合中に少なくとも数度、前線まで駆け上がれるようなフィジカル・コンディションを手に入れること。

 リオ州選手権に出場した12クラブのうち、ブラジルリーグ1部に所属するのは4つだけ。3部が1つ、4部が3つで、全国リーグに参加していないクラブが4つあった。

 ブラジルリーグとコパ・ド・ブラジルのレベルは、リオ州選手権とは比べものにならない。本田は、これからフットボール王国のトップレベルを体感することになる。

 リオ州選手権は、アペリティフ(食前酒)だった。ここから、「チャレンジャー」本田の本当の挑戦が始まる。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
本田圭佑
ボタフォゴ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ