JリーグPRESSBACK NUMBER

「タニ!フリー!」「落ち着け!」
柏vs.FC東京で響く“本気な神の声”。

posted2020/07/05 16:00

 
「タニ!フリー!」「落ち着け!」柏vs.FC東京で響く“本気な神の声”。<Number Web> photograph by Etsuo Hara

「リモートマッチ」の中で柏、FC東京の選手たちはチームメートのプレーを手助けする“神の声”を送り続けていた。

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Etsuo Hara

 お客さまの声は、神の声。

 顧客の意見や感想に耳を傾けることで、商品やサービスの向上を目指す。商売の鉄則である。

 プロスポーツの興行にとっても、お客さまの声は神だ。観戦チケットの売り上げだけじゃない。スタンドから降り注がれる歓声によって、選手は、やる気と闘争心を掻き立てられる。

 しかし、新型コロナウイルス禍による中断から約4カ月ぶりに再開したJ1リーグに「お客さま」の声はない。柏レイソルvs.FC東京も、静寂のピッチに荒木友輔主審のキックオフの笛が鳴り響いた。

「前半は硬さが両チーム目立ち、ボールも落ち着かなかったです」

 FC東京・長谷川健太監督がこう振り返ったのも、無理はないだろう。これまでは何万人ものサポーターの声に背中を押されてきた選手たちだ。静かなピッチでいきなりテンションを上げるのは難しい。序盤は互いに動きが硬く、慎重な展開が続いた。

「タニ!フリー!」「ゆっくりでいい」

 ただし、無観客試合にもちょっとだけメリットがある。

「タニ! フリー!」

 前半5分、柏・江坂任が頭で落としたボールが大谷秀和に渡る。その瞬間、味方選手が大声で発した言葉が、スタンドの記者席まで届いた。その声を受けた大谷は、ワンタッチで最前線のオルンガへ浮き球パス。シュートはゴールに届かなかったものの、この試合、最初に迎えたビッグチャンスだった。

 周りの声は、神の声。

 サッカーの鉄則だ。どんな名選手でも、試合中は敵のプレッシャーや緊張、疲労によって視野が狭まる。そこで周囲の選手が声をかけることで、プレー選択に幅と余裕が生まれる。普段ならばサポーターの大歓声によって掻き消されることも多い声が、無観客試合だとクリアに届く。

「シュウト! (相手へのアプローチは)ゆっくりでいいよ!」

 FC東京のGK林彰洋は、常に味方選手の名前を呼びながら、細かく動きとポジションを修正させていた。特にJ1リーグ戦初先発の22歳、安部柊斗に対しては、何度も何度も声をかけた。

【次ページ】 「オフサイドジャナイヨ!」

1 2 3 NEXT
柏レイソル
FC東京
大谷秀和
江坂任
オルンガ
林彰洋
キム・スンギュ
安部柊斗
クリスティアーノ
小川諒也
渡辺剛
森重真人

Jリーグの前後のコラム

ページトップ