ボクシングPRESSBACK NUMBER

伝説の試合、山中慎介×岩佐亮佑。
クロス一閃、王者がぐらついた──。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2020/07/02 11:00

伝説の試合、山中慎介×岩佐亮佑。クロス一閃、王者がぐらついた──。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

後にいずれも世界王者となった岩佐(左)と山中。大きな注目を集めた一戦、序盤は岩佐がポイントで優位に立っていた。

ポイントと戦っている2人のイメージの乖離。

 パンチが派手に当たっているのは岩佐のほうだ。1ラウンドの右フックにしても、2ラウンドの左クロスにしても。

 しかしながら焦りと勢いの天秤は、前者に傾いていく。山中の“ガツンジャブ”によって、主導権を握られてしまっている感覚が岩佐からは消えない。

「同じジャブをもらうにしても力を抜いたパンチと、ガツンと来るパンチじゃ全然違いますから。余裕もなかったです。行かなきゃっていう焦りのほうが強くなっていきました」

 序盤の3ラウンドが終わって、ジャッジはここまで3者とも岩佐の10-9。つまり3ポイント差をつけていたことになる。10回戦の3ポイントリードはかなりでかい。

 このときはまだ公開採点制度以前。しかし実際に戦っている2人は「王者ペース」という印象を抱いているのだから面白い。

 楽観的な王者と焦燥的な挑戦者。

 次のアクションを起こしたのは、山中のほうだった。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
山中慎介
岩佐亮佑

ボクシングの前後の記事

ページトップ