野球のぼせもんBACK NUMBER

開幕戦でサヨナラ打の栗原陵矢。
「城島健司の姿と重なる」23歳。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/06/24 11:30

開幕戦でサヨナラ打の栗原陵矢。「城島健司の姿と重なる」23歳。<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕戦の延長10回、サヨナラ打を放って笑顔を見せた。栗原陵矢はホークスのニューヒーロー候補に名乗りをあげた。

秋山幸二に直撃する精神力。

 また、ただスマートなだけではない。プロ野球選手として大切なガツガツした強欲な部分も持ち合わせている。

 あれは入団してすぐの宮崎春季キャンプだった。B組が使用するメイン球場隣の生目第2球場で練習をしていると、前年限りで退任した秋山幸二前監督が評論家としてやって来た。先輩たちが次々と挨拶に向かう。

 ただ、ファームの若手にとっては、それほど接点が多いわけではない。だから挨拶程度だ。ましてやルーキーの栗原は面識もあるはずがない

 にもかかわらず、栗原は秋山氏のもとへ一直線に向かうと、「バッティングを見てください」といきなり教えを乞うたのだ。ちょっと驚いた秋山氏だったが、申し出を快諾。レジェンドと18歳ルーキーの打撃談義が始まったのだ。

 その様子を見ていた、現在は球団オフィシャルのカメラマンも務める繁昌良司氏は「ジョー(城島健司)の姿を重ね合わせたよ」と心躍ったという。

 センスがある、体が強いなど一流になるための要素は数ある。が、心技体という言葉が教えてくれるように、ものの考え方や実行力がなければどんな世界でも一流にはなれない。

 栗原は何度か大きな怪我があり、遠回りをしたこともあった。それでもひたむきに努力を重ね、鍛えることも怠らなかった。なによりブレずにここまでやってきた。

 野球の女神を振り向かせた男は、この先とんでもない選手になっていくのかもしれない。今我々が見ているのはその序章である。

関連記事

BACK 1 2 3 4
栗原陵矢
福岡ソフトバンクホークス
城島健司

プロ野球の前後の記事

ページトップ