Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<頭脳派捕手の回顧>
伊東勤「私が受けた史上最高の豪腕」

posted2020/06/23 15:00

 
<頭脳派捕手の回顧>伊東勤「私が受けた史上最高の豪腕」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

20年近く獅子の正捕手の座に座った男は、マスク越しにどんな風景をみてきたのか。黄金時代を支えた“扇の要”が語る多士済々の投手陣、そして西武野球の原点とは。(Number1005号掲載)

 ずっとその後ろ姿を探し求めてきた。

「この世界でやらせてもらっていて、いつもいいピッチャーと言われる人を彼と比較して見てきました。同じくらい球の速い投手はいる。いいスライダーや変化球を投げる投手もいる。でもやっぱり質が違う。比較できる投手はなかなかいないですね」

 1980年代中盤から'90年代にかけて正捕手として西武を支え続けた伊東勤は、郭泰源の凄さをこう表現した。

「(渡辺)久信や(工藤)公康、石井(丈裕)とか、当時の西武にはいい投手は一杯いました。でも、やっぱり一番は郭泰源です。いまの時代でも、恐らくナンバーワンになれるピッチャーだと思いますね」

 台湾出身の郭泰源は“オリエンタル・エクスプレス”の異名を誇り、150kmを超える真っ直ぐと高速スライダーを武器にした右腕だった。'84年オフに巨人との争奪戦の末に入団が決まると、'85年のシーズン開幕からいきなりローテーション投手となり、'87年からは3年連続で2桁勝利をマーク。'88年には13勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得し、WHIPは0.91と絶対的安定感を誇るエースへとのし上がっていった。

「まずフォアボールから自滅することがないから、彼が投げる試合は打者が絶対に勝たなければならないという感じで臨んでいました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2898文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

伊東勤
郭泰源
工藤公康
ダルビッシュ有
渡辺久信
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ