サムライブルーの原材料BACK NUMBER

元教師で今はJリーガー兼営業マン。
異色の経歴、FC今治・中野圭に聞く。

posted2020/06/26 17:00

 
元教師で今はJリーガー兼営業マン。異色の経歴、FC今治・中野圭に聞く。<Number Web> photograph by FC Imabari

主力選手の1人として活躍しながら、地元スポンサーへの営業回りも続ける中野。いよいよJ2昇格をかけたリーグ戦が始まる。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

FC Imabari

 Jリーガーと○○の二足のわらじ。

 ○○に当てはまるのは実業家だったり、学生だったり、はたまたYouTuberだったり、これまでもいろいろな選手がいた。

 J3に昇格したFC今治のディフェンダー、中野圭の○○にはクラブスタッフが入る。

 練習を終えると選手からFC今治のバックオフィススタッフに立場を変え、主にスポンサー回りの業務を担当する。試合のポスターを持ってスポンサー先に配るなど営業活動が中心だ。昨年から始め、Jリーグに昇格した今シーズンも続けるという。

 試合に出ていない選手なのかと言ったら、そうじゃない。

 32歳、チーム最古参となる6年目。昨年はケガによる出遅れもあって17試合の出場にとどまったが、左サイドバックとセンターバックの両方をこなす主力の1人だ。

 地元愛媛出身でもあり、「ずっとこのクラブにかかわっていきたい。一緒に成長していきたいので何かやれることはないか」とクラブの矢野将文社長に相談したところ「じゃあスタッフとしてやってみないか」と提案を受けたことがきっかけで、昨年からFC今治の社員となった。

現役選手が出向くので、パートナーも喜ぶ。

 スタッフとの掛け持ちにやりがいを感じながら、6月27日に決まったJ3開幕に向けて気持ちを高めている。Jリーガーとしても、バックオフィススタッフの1人としても。

 FC今治はスポンサーをパートナーと呼ぶ。

 元日本代表監督の岡田武史が会長を務めるFC今治のパートナーには、会長のネームバリューもあって大きな企業も名を連ねているが、地元の中小企業も多い。その数、実に300社以上にのぼる。

 中野の役割は主にFC今治のポスターを持って地元のパートナーを回ること。現役選手がわざわざ挨拶に出向いてくるわけだから、先方も喜んでくれる。

【次ページ】“どうなっとんじゃ”と厳しい意見も。

1 2 3 4 NEXT
中野圭
岡田武史
FC今治

Jリーグの前後のコラム

ページトップ