ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

今永の自戒、オースティンの不在。
1勝2敗で始まったDeNAの2020年。
 

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/06/23 08:00

今永の自戒、オースティンの不在。1勝2敗で始まったDeNAの2020年。<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕3戦目、DeNAは広島のルーキー森下に封じられるも、9回に宮崎が逆転サヨナラ打を放ち、今季初勝利。

“エース大瀬良”の立ち振る舞い。

 エースとはなにか? 今永は5回を終えマウンドを降りると、大瀬良の姿を目で追った。

「大瀬良さんの投球フォームや立ち振る舞い。自分との違いを探しました。濡れたマウンドという状況は一緒だったのですが、大瀬良さんは下半身がしっかりとして再現性の高いフォームをしていました。出力を抑えて、滑らないようにマウンドを上手く利用しているなって。その点、僕は上も下もバラバラで、出力は出ているけどバランスが合ってないような感覚がありました」

 まわりの人間は今永をエースと称するが、当の本人にはその自覚はない。あくまでもエースとは、数年連続して活躍した投手が背負う称号であることを今永は理解している。今はその途上に過ぎない。

「大瀬良さんは120球近く投げて単純にすごいと思いましたし、本当にこういうピッチャーを目指さなければいけないなって。今日はすごく勉強になりました」

 開幕戦という緊張したであろうピッチングの余韻が残っている試合直後に、このような発言を冷静にできるのは、さすが今永である。すべてを俯瞰し、次に生かす。今シーズンも頼りになりそうだ。

 広島との開幕カードは1勝2敗と負け越したが、収穫や課題が多く見つかった3試合だった。観客がスタジアムに戻ってくるころ、果たしてDeNAはどんな戦いをしているのだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
タイラー・オースティン
ネフタリ・ソト
今永昇太
大瀬良大地

プロ野球の前後の記事

ページトップ