バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ、桜木ジェイアールが引退。
「Mr. シーホース」の存在感を回想。

posted2020/06/20 11:50

 
Bリーグ、桜木ジェイアールが引退。「Mr. シーホース」の存在感を回想。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

2019-2020シーズンは40試合に出場し通算310得点(平均7.8得点)、206リバウンド(同5.2リバウンド)を記録した。

text by

青木崇

青木崇Takashi Aoki

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

「最後のゲームが無観客になってしまった。ファンの声援がモチベーションだったから、こうなってしまったことは残念だ」

 昨シーズンを最後に現役から引退した桜木ジェイアール(シーホース三河)は、6月8日の記者会見で後悔することの一つとしてこう語った。

 1995年にUCLAでNCAAトーナメント制覇を経験し、バンクーバー・グリズリーズ(現メンフィス)で1シーズンプレーしたのち、元NBAの経歴を持った選手として2001年に来日。以来、アイシンとシーホース三河の歴史を作った選手であることは明白。ミスター・シーホースと呼ぶにふさわしいレジェンドだ。

高いバスケットボールIQ。

 桜木が在籍した19年間で、シーホースは天皇杯で2度の4連覇、日本のトップリーグであるスーパーリーグ、JBL、NBLで6度頂点に立っている。

 ポストプレーにおける多彩なスキル、非凡な身体能力、高いバスケットボールIQを武器に、相手がなんとかスローダウンさせようと様々な対応をしてきても、チームを勝利に導く術を持っていた。

 2008年の天皇杯決勝では34点の大爆発でチームを頂点に導くなど、ビッグゲームで強さを発揮できるのも桜木の強みだ。

 しかし一方で、バスケットボールはチームスポーツであり、個の力だけで勝てないことをしっかり理解していて、得点機会を作り出せる選手であることにプライドを持っていた。

 カットしてゴール下でノーマークになったチームメイトを見つけることや、ダブルチーム後オープンになったシューターに3Pを決めさせるパスセンスは、203cmのパワーフォワードらしからぬものだった。

【次ページ】 鈴木貴美一コーチとの強い信頼関係。

1 2 3 4 NEXT
桜木ジェイアール
アイザック・バッツ
シーホース三河
遠藤祐亮
ライアン・ロシター

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ