バスケットボールPRESSBACK NUMBER

八村塁、NBAドラフト指名から1年。
中断、BLM…濃密すぎる激動の時間。

posted2020/06/23 11:30

 
八村塁、NBAドラフト指名から1年。中断、BLM…濃密すぎる激動の時間。<Number Web> photograph by Getty Images

チームメイトとデモに参加する八村塁。選手としてだけでなく、人間としても多くの経験をした1年であった。

text by

杉浦大介

杉浦大介Daisuke Sugiura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 日本バスケットボール史上に残るNBAドラフトから、もう1年――。

 ブルックリンのバークレイズセンターでドラフトが開催された2019年6月20日は、現時点までの日本バスケの歴史で最も重要な1日と言えるのかもしれない。

 事前からの期待通り、八村塁が日本人としては初めてとなるドラフト1巡目での指名を受けた。ワシントン・ウィザーズが指名権を持った全体9位で“ルイ・ハチムラ”の名前が呼ばれた瞬間。多くの日本人が陣取ったアリーナが騒然としたのを昨日のことのように思い出すことができる。

「日本という国をドラフトした」

「何とも言えない気持ちです、本当に。初めて(バスケを)やったとき、コーチに『おまえはNBAに行くんだよ』と言われて、それを信じてやってきた。今、ここに立てていることが夢みたいで、信じられないです」

 全体会見でそんな初々しい言葉を残した八村を、大量の日本メディアが取り囲んだ。このシーンに象徴されるように、このドラフトでは日本からの報道陣の数が本当にすごかった。

 過去10年以上もNBAドラフトを現場取材してきたが、例年、日本メディアはせいぜい2、3人。近年は私だけのことも少なくはなかった。しかし、この日はメディアが立ち入りできるエリアのどこを見ても日本人記者がいて、まさに“日本祭り”といえるような大騒ぎになった。

 日本メディアのフィーバーはMLBではたまに起こる現象だが、NBAではもちろん初めて。ある現地記者は「ウィザーズは日本という国をドラフトしたも同然だ」と話していたが、多くのアメリカ人たちはそんな表現も大げさだとは思わなかっただろう。

【次ページ】 絶えず笑顔を浮かべていた八村。

1 2 3 4 NEXT
八村塁
ワシントン・ウィザーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ