スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

福岡堅樹の決断と消えない記憶。
W杯敗退直後、笑顔の「終わった」。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2020/06/18 18:00

福岡堅樹の決断と消えない記憶。W杯敗退直後、笑顔の「終わった」。<Number Web> photograph by AFLO

7人制日本代表での五輪出場を断念した福岡堅樹。昨年のW杯で最も印象に残ったと語るスコットランド戦では、3つのトライに絡んだ。

「2023年だってプレー出来るでしょう」

 それから4年。

 2019年の9月、W杯の開幕前にケガに見舞われ、出場が危ぶまれた時期もあったが、ピークが後ろ倒しになり、スコットランド戦での驚異的なパフォーマンスが生まれたと見ることもできる。運も、味方したのだ。

 そして準々決勝敗退後、すべてを出し切ったことで、

「終わった」

 という笑顔につながったのではないか、と思う。

 2015年の福岡のことを、エディーに直接尋ねたことがある。何があったのか、と。

「私のプランでは、ケンキは2015年の時点で世界に誇れるウイングになっているはずでした。そう、2019年のW杯で見せたパフォーマンスを、まさに期待していたんです。世界的に見れば、ウイングのピークは20代前半に来ますから、ケンキにとっていちばんいい時期のはずでした。ところが、日本の育成システムでは、そこまでの成長が見られなかった。つまり、ケンキは4年ほど成長スピードが遅いんですよ(笑)。だから、2023年だってプレー出来るでしょう」

 残念なことに2023年のW杯では福岡の姿は見られないだろうが、世界に誇るウイングの記憶は消えることはないだろう。

 いつか、白衣を着た「ドクター・フクオカ」にインタビューが出来ますように。

関連記事

BACK 1 2 3 4
福岡堅樹
パナソニック ワイルドナイツ
エディー・ジョーンズ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ