ゴルフPRESSBACK NUMBER

今日はミケルソンが50歳の誕生日。
世界で唯一のジョークと“愛され”。

posted2020/06/16 19:00

 
今日はミケルソンが50歳の誕生日。世界で唯一のジョークと“愛され”。<Number Web> photograph by AFLO

50歳のミケルソンが今も米ツアーのトップクラスでプレーしている。それはゴルフ界にとって幸運なことだ。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

 米ゴルフ界にはいくつかの「風物詩」というものがあり、全米オープン・ウィークに大観衆も一緒になってフィル・ミケルソンの誕生日を祝うことは、まさに毎年恒例の風物詩だった。

 しかし、コロナ禍で数多くの大会が中止や延期を余儀なくされ、全米オープンも9月へと変更された今年は、ミケルソンの誕生日を祝う風物詩を味わうことができない。

 今日6月16日はミケルソンの誕生日。今年は50歳という節目を迎えたのだが、その記念すべき日に彼を囲む恒例行事を目にすることはできない。

 とはいえ、ミケルソンが誰からも愛される存在であることに変わりはなく、「フィル、おめでとう」の声が方々から上がっている。

ウッズも笑う「これぞフィルだ!」。

 ミケルソンといえば、5月末に行われたチャリティ・マッチ「ザ・マッチ・チャンピオンズ・フォー・チャリティ」でタイガー・ウッズやNFLのスター選手たちと楽しいプレーぶりを披露し、大きな注目を集めたばかりだ。

 ミケルソンと対戦したウッズは、襟元に付けられたピンマイクを通して、自分のミケルソン観を何度も言葉にしていた。

「あははは。ホント、面白いなあ。これぞ、フィルだ!」

「うーん、何年経ってもフィルはやっぱりフィルだなあ」

 苦笑しながら頷いていたウッズの表情は、「だから僕はミケルソンのことが大好きなんだ」と言っているようだった。

 長年、ウッズとミケルソンはライバルゆえに「犬猿の仲」とも噂されてきた。だが、ウッズがスキャンダルや逮捕劇で戦線離脱した際、ウッズを誰よりも励まし続けていたのは、実を言えばミケルソンだった。

【次ページ】 最後は誰もがミケルソンに味方した。

1 2 3 4 NEXT
フィル・ミケルソン

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ