丸ちゃんのGreen TalkBACK NUMBER

道具選びの、クセがすごい。
~丸山茂樹が語るジャンボ、青木~

posted2020/06/22 07:30

 
道具選びの、クセがすごい。~丸山茂樹が語るジャンボ、青木~<Number Web> photograph by AFLO

若き日のジャンボ尾崎(右)と青木功。服装や食べ物と同じでギアへのこだわりも人それぞれ。

text by

丸山茂樹

丸山茂樹Shigeki Maruyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 今季は通常よりもずっと長いオフシーズンとなってしまいましたが、プロゴルファーのこの時期の大事な仕事がクラブの調整です。オフは新しいクラブやシャフトを試す絶好のチャンス。メーカーのクラフトマンに来てもらって相談したり、工場に行って調整したり、大胆なことにも挑戦できる時期なんです。緊急事態宣言が出ていた間はみんな身動きが取れなかったので、これから忙しくなるでしょうね。

 クラブの好みは本当に十人十色、千差万別です。例えば、'94年と'97年の2度、全英オープンで2位になったイェスパー・パーネビック(スウェーデン)は、新しいドライバーがきたらメタルスパイクでクラウン(ドライバーのヘッド上部)を踏みつけていました。「傷がついた時に気になるから、最初から傷がついていた方が気が楽だ」と言うんです。バッグに入れるときもヘッドカバーを一切しないから傷だらけ。道具を大事にする日本人の感覚ではなかなか想像がつきませんね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1019文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ライオンズ70周年完全保存版獅子の遺伝子

関連記事

イェスパー・パーネビック
尾崎将司
青木功

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ