バレーボールPRESSBACK NUMBER

思い出した石川祐希が涙を流した日。
セリエAミラノ移籍に秘める覚悟。 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKiyoshi Sakamoto/AFLO

posted2020/06/12 11:40

思い出した石川祐希が涙を流した日。セリエAミラノ移籍に秘める覚悟。<Number Web> photograph by Kiyoshi Sakamoto/AFLO

イタリア・セリエAのミラノ移籍を発表した石川祐希(中央)。不安や心配はあると語るが、世界トップレベルのリーグでその技を磨く。

溢れ出る涙、内に秘めた熱い情。

 ただ結果的には、大学との話し合いで、全日本インカレの期間だけ帰国して出場することとなった。

 そして迎えた4年の全日本インカレ。4連覇を目指した中央大だったが、準決勝で筑波大にフルセットの激戦の末に敗れ、最終日は3位決定戦に回った。

 その大学最後の試合で、東海大に勝利した直後のコートインタビューの最中、石川は突然、声を詰まらせた。こらえようとするが、込み上げる涙を抑えることができず、顔をくしゃくしゃにしながら、「4年間の最後の試合……チームメイトのために……スタッフのために……戦いました」と絞り出した。

 ドライに見えたプロの決断の裏に、こんなに熱い情を押し込めていたのかと驚かされた。

「感情が入らないようにしてインタビューを始めたんですが、難しかったです。やっぱり監督やチームメイトにすごく迷惑をかけてきたので、そのことを思ったら……」

 仲間や恩師とともに大学最後の1年を戦い抜きたいという思いは強かった。しかしその感情を、世界のトップに駆け上がっていくのだという意志と向上心が上回った。

 石川はいつもひょうひょうと、ことも無げに大きな決断をして、迷いなくまっすぐに突き進んでいるように見える。しかしその裏には実は迷いも情もある。今シーズンの決断の裏にも、葛藤と、それを上回る大きな覚悟があった。そんな石川が、まだ日本人が果たしたことのない夢を実現する日は、きっと遠くない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
石川祐希
ミラノ

バレーボールの前後の記事

ページトップ