サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

久保建英、代表デビューからの1年。
リーガ2得点が“右足”という非凡さ。

posted2020/06/09 11:40

 
久保建英、代表デビューからの1年。リーガ2得点が“右足”という非凡さ。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

A代表デビュー戦後、久保建英は南野拓実(左)と中島翔哉(右)ら先輩と写真に収まった。所属クラブ、代表両面での出世争いにも注目したい。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 絶賛疾走中である。

 2019年6月9日、当時18歳の少年が日本代表デビューを飾った。久保建英だ。

 2月下旬に開幕した'19年シーズンのJ1リーグで、久保ははっきりとした成長を見せていた。シーズン開幕からスタメンで起用され、守備に汗を流しながら自分らしさを発揮できるようになっていた。所属するFC東京はリーグ戦で首位に立っており、チームの結果に影響を及ぼす存在となった彼の日本代表入りは、誰もが納得できるものだっただろう。

 デビュー戦のインパクトは鮮烈だった。ひとめぼれ宮城スタジアムを舞台とした一戦の対戦相手とスコア、それに得点者をすべて覚えている人は少なくても、67分からピッチに立った久保のプレーを記憶している人は多いに違いない。

デビュー戦後のマドリー移籍。

 トップ下のポジションに入った背番号27は、73分にスタジアムを沸かせる。右サイドに流れて大迫勇也からパスを引き出すと、間合いを詰めてきた2人の間をスピードの変化ですり抜け、ペナルティエリア内まで持ち込んで左足シュートへ結びつけた。

 78分にはクイックリスタートに反応して右サイドを突き、利き足ではない右足でクロスを送り込む。81分には左サイドからのクロスに自ら飛び込んだ。

 ディフェンスのタスクも果たしている。周囲との連動でパスコースを限定し、素早いプレスバックで攻撃を遅らせる。ひとつひとつのプレーに無駄がなく、意図が伝わってくる久保のプレーは、ディフェンスにおいてもメッセージ性の強いものだった。

 永井謙佑の2ゴールでエルサルバドルを2-0で下した一戦が終わると、久保の周囲は一気に騒がしくなる。6月14日にレアル・マドリーへの完全移籍が発表されたのだ。

 久保自身はコパ・アメリカに出場する日本代表の一員として、開催国のブラジル入りしていた。世界最高クラスのメガクラブの一員となった18歳の日本人は、南米のメディアからも熱い視線を向けられることになる。

【次ページ】 コパ・アメリカでも自分の色を。

1 2 3 NEXT
久保建英
森保一
マジョルカ
レアル・マドリー
FC東京

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ