甲子園の風BACK NUMBER

島袋洋奨、母校・興南で新たな人生。
自分の経験を子供たちのヒントに。

posted2020/06/05 19:00

 
島袋洋奨、母校・興南で新たな人生。自分の経験を子供たちのヒントに。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

この春、母校・興南高校に“復帰”した島袋洋奨。将来は教員になることを視野に入れながら、自らの経験を次世代へ繋いでいく。

text by

栗田シメイ

栗田シメイShimei Kurita

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

「自分の中では野球をやりきった。だからスッキリ辞められました」

 甲子園を熱狂させた沖縄のヒーローは、静かにユニホームを脱いだ。昨年の10月1日、福岡ソフトバンクホークスは育成契約中の島袋洋奨に戦力外通告を言い渡した。

 興南高校時代は独特のトルネード投法から投じる150キロ近い速球で打者をねじ伏せ、春夏連覇の偉業を達成している。甲子園での勝利数は松坂大輔に並ぶ「11」。完投も「10」を数えるなど、ほぼひとりで大会を投げ抜いた。通算防御率1.63、奪った三振は130にも上る。記憶だけでなく、記録の上でも甲子園の申し子と呼ぶに相応しい活躍をみせ、沖縄に初の深紅の大優勝旗を持ち帰った。

 プロ志望届を出さずに進学した中央大学では、故障に悩まされた。イップスも発症し、思うような投球ができない日々が続く。2014年にホークスから指名を受けるも、一軍での登板数はわずかに2。甲子園を沸かせた琉球トルネードは、プロで花開くことはなかった。

「プロで思うような投球が出来なかったことは事実です。自分の頭のイメージと体の動きがリンクしなくて、常にもどかしさもあった。ただ、ホークスの投手陣はレベルも意識も高く、単純に自分の実力が足りなかった面もある。本当は2018年シーズン終了後にクビかと思っていましたが、去年もホークスでやれた。球団には感謝しかないです。あの競争率が高い環境で野球をできたことは、この先の人生でも必ず活きてくると思っています」

この春、母校に復帰。将来は教員に。

 4月1日。島袋が第二の人生で選んだのは、母校・興南高校へ戻るという道だった。現在の肩書きは入試広報部の事務職員。教員免許取得を目指し通信教育を受けつつも、学生野球資格回復後は、興南で指導者として歩み始めることも視野に入れている。

「新型コロナウイルスの影響で、戻ってきても生徒に会う機会がなかったんですね。学校が再開してからは学生時代を思い返すこともあり、懐かしさをしみじみ感じています。今でも、あの夏の試合を動画などで観る機会があるんですが、めちゃくちゃ打ってるな、と(笑)。甲子園で春夏連覇できたのは、僕の力というよりはチームに助けられた面が大きいですから」

 沖縄勢初の夏の日本一への道程――。島袋にあの夏の記憶を辿ってもらった。

【次ページ】 2年の春夏で経験した1回戦負け。

1 2 3 4 5 NEXT
島袋洋奨
興南高校
我喜屋優
福岡ソフトバンクホークス

高校野球の前後のコラム

ページトップ