海外サッカーPRESSBACK NUMBER

ロベカルの超絶FKとブラジル代表。
夢の1997年とフランスW杯の失望。

posted2020/06/03 08:00

 
ロベカルの超絶FKとブラジル代表。夢の1997年とフランスW杯の失望。<Number Web> photograph by AFLO

ロベルト・カルロスといえば「あのFK」である。それは1997年、フランスW杯前年の出来事だった。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

AFLO

 サッカーW杯で優勝するには、何が必要だろうか。

 過去21回のうち6回は、開催国が優勝している。欧州で行われる大会では欧州のチームが、南米が舞台の大会では南米のチームが、頂点に立つという歴史も長く続いた。チームの実力が拮抗していて、実績と経験でも差がない対戦では、ホームアドバンテージやそれに近いサポートがポイントになってくるのかもしれない。

 ケガ人を出すことなく、ベストメンバーで臨むのは大前提だ。タイミングも大事だろう。4年に1度というW杯開催のサイクルにチームのピークが合わず、世界チャンピオンの称号を得られなかった強者は少なくない。

 1998年のフランスW杯に出場したブラジルも、タイミングに恵まれなかったチームのひとつである。

 連覇こそ逃したものの準優勝しているのだから、「ピークを逃した」との表現は当てはまらないかもしれない。そのうえで言えば、1年前にW杯が開催されていたら、かなりの確率で優勝していたに違いない。

ロベカルは24歳、ロナウドは20歳。

 ブラジルがそのポテンシャルを示したのは、1997年6月に行われたトゥルノワ・ドゥ・フランスだ。フランスがプレW杯の位置づけを持たせた4カ国トーナメントに、イタリア、イングランドとともに招待された。

 6月3日の開幕戦で、ブラジルはフランスと対戦した。GKタファレル、DFアウダイール、カフー、MFドゥンガ、マウロ・シルバ、FWロマーリオらの1994年W杯優勝メンバーに、当時24歳のロベルト・カルロスと20歳のロナウドが加わっていた。アメリカW杯に左サイドバックで出場したレオナルドは、本来の攻撃的なMFの役割を担っている。多士済々の選手を束ねるのは、名伯楽マリオ・ザガロである。

【次ページ】 伝説のFKが生まれたフランス戦。

1 2 3 4 NEXT
ロナウド
ロベルト・カルロス
ロマーリオ
デニウソン
フランスW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ