サムライブルーの原材料BACK NUMBER

サンガ→本田圭佑のホルン→関東1部。
J復帰目指す“介護フットボーラー”。

posted2020/06/02 11:30

 
サンガ→本田圭佑のホルン→関東1部。J復帰目指す“介護フットボーラー”。<Number Web> photograph by VONDS ICHIHARA

関東サッカーリーグ1部VONDS市原に所属し、介護の仕事もこなす沼大希。Jリーガー復帰を目指し、プレーする。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

VONDS ICHIHARA

 特別養護老人ホームで働きながら、Jリーガー復帰を目指す男がいる。

 沼大希、23歳。

 関東サッカーリーグ1部VONDS市原に所属するフォワード。中盤、前線いくつものポジションをこなせる器用なタイプだ。

 昨年、本田圭佑の事務所が経営に参画していたオーストリア2部のSVホルン(経営参画は2018-19年シーズン限りで撤退)で半年間プレーし、10試合5ゴールという結果を残しながらも契約延長に至らなかった。

 帰国後は登録期間の問題もあって所属先が決まらず、半年間の浪人生活を経てオファーが届いたVONDSに今シーズン、加入したという経緯だ。

 VONDSはJリーグ百年構想クラブとして承認され、近い将来のJリーグ参入を目指す。川崎フロンターレや柏レイソル、ベガルタ仙台などで活躍し、試合後にサポーターと一体となって盛り上がる「岡山劇場」で知られる岡山一成が今季から監督に就任した。

特養は介護レベルの高い人が入所する。

 沼は元々、京都サンガのアカデミー出身。ここまで「プロ」としてやってきたものの、カテゴリーを地域リーグまで落とすとなるとサッカーだけでメシを食ってはいけない。

 クラブのトップスポンサーを務める医療法人社団「緑祐会」と同系列のグループが経営する「グリーンホーム」で介護の仕事をしながら、7月に予定される開幕に向けて準備を続けている。

「クラブから特養での仕事を紹介してもらいましたけど、介護の経験もないので事務仕事だなと思っていたんです。そうしたら、介護の仕事だと言われて驚きました。2月から働き始めて最初の1週間は、精神的にもかなりきつかったですね」

 特養は介護レベルの高い人が入所するため、認知症を患っている方や体の不自由な方が多い。「会話が通じないこと」「おむつ交換に抵抗があること」など業務におけるストレスは溜まっていく一方だった。

【次ページ】「目が死んでいるよ。大丈夫なの?」

1 2 3 4 NEXT
沼大希
本田圭佑
岡山一成
VONDS市原
京都サンガ
SVホルン

Jリーグの前後の記事

ページトップ