武豊の名言 

今日の名言 

負けたダービーは全部悔しいですよ。

武豊(競馬)

2020/05/30

1988年ダービーデビュー以降、歴代最多となる5勝を挙げる武豊。“競馬の祭典”においても常に主役であり続けてきた一方で、人一倍悔しさも味わってきた。一番人気ながら2着に終わった1996年のダンスインザダーク、2000年のエアシャカール……「何着でも負けてしまえば、悔しいものは悔しい。そこに差はありません」。稀代の騎手であっても、迷ったまま乗ったことを悔いるレースが多々あると言うが、しかしながら、ことダービーにおいては不思議と“後悔”の念は「あまりない」。勝利の美酒だけでなく、敗戦の味すらも特別――。全身全霊を懸けて挑む一戦だからこそ、記憶が鮮明なのだろう。

Number978号(2019/05/16)

日本ダービー革命元年。

Sports Graphic Number 978

日本ダービー革命元年。

 

人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ