プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武に芽生える明確な競争意識。
三軍制導入は常勝軍団への序章。

posted2020/05/28 11:50

 
西武に芽生える明確な競争意識。三軍制導入は常勝軍団への序章。<Number Web> photograph by Kyodo News

三軍統括コーチを務める田邊徳雄は、栗山巧や中村剛也を一軍に送り込んだ手腕の持ち主。西武では4年ぶりの現場復帰となる(写真は2016年監督時代)

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2019年の秋、埼玉西武ライオンズに三軍が新設された。統括コーチを務めるのは一軍監督の経験もあり、現在、主力となっている中村剛也、栗山巧を育てたことでも有名な田邊徳雄氏だ。三軍が創設されたきっかけについて田邊コーチは語る。

「三軍制をとっている周りのチームに何とか追いついていこうという思いは以前からあったんだと思います。ちょうど球団の施設が新しくなったタイミングで、スタートするにはいい時期だったのではないでしょうか」

 ライオンズは昨年、室内練習場を新築し、二軍の専用グラウンドも現在、改修中である。若手選手を重点的に鍛える環境が整いつつあることが大きなきっかけとなった。

 二軍と三軍を明確に分け、三軍から二軍に上がる際にもチーム内で一定の審査を行うつもりだと田邊コーチは話す。

「自分が今どの位置にいるのか、しっかりと選手に意識させることも重要だと考えました。今は野手は3名、投手が10人ちょっとで、三軍といっても『軍』と呼べるほどの人数はいないのですが、“自分は二軍”、“自分は三軍”と明確に分けることで競争意識を持ってほしいという思いもあります」

二軍・松井稼頭央監督と連携しながら。

 もちろん選手のモチベーションを考えて二軍との行き来は頻繁に行う予定だ。

「まずは二軍の選手の実力までレベルを上げていくことが最優先です。かつ二軍に上がったときに二軍の選手と対等、もしくはそれ以上に争える力をつけてあげたいという思いでいます。育成選手の場合、登録の期間が限られていますから、その限られた時間の中、1日でも早く支配下に押し上げたいという気持ちでやっています。それが三軍のひとつの役割だと思っています」(田邊コーチ)

 二軍の松井稼頭央監督とも連携を取り、三軍選手を試合に帯同する際には、ある一定期間は試合で使うことを決めているという。

「松井監督やコーチ陣から、こういうところを鍛えてほしいというリクエストはもちろんあります。まずはそこをなんとか補うこと。かつ、それぞれの選手のいいところを伸ばすという方針は変わりません。ライオンズにはインパクトが強く、振りのはやい選手が多いので、そこはぶれずに強化していきたいと思っています」

【次ページ】 若手育成に定評ある青木コーチ。

1 2 3 NEXT
田邊徳雄
青木勇人
中村剛也
栗山巧
松井稼頭央
大窪士夢
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ