松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

パラバドミントンの新星・里見紗李奈、
事故に遭った日のことを松岡修造に語る。

posted2020/06/12 11:00

 
パラバドミントンの新星・里見紗李奈、事故に遭った日のことを松岡修造に語る。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

衝撃的な事故の話を、真剣に聞く松岡修造さん。屈託なく笑顔でプレーする里見選手に脱帽!

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 東京2020パラリンピックで初採用のパラバドミントン。その車いす部門(WH1クラス)で金メダルが期待される新鋭・里見紗李奈さんと松岡修造さんの初対面は、松岡さんのトークのペースを里見選手が狂わせるという珍しいパターンで進んでいった。

 里見選手の提案で見せてもらうことになった山崎(崎の字は山偏に「立 」と「可」の表記)将幸コーチとのラリーは、車いすを小刻みに操るチェアワークと前後の激しい動きが松岡さんの目を釘付けにした。

 また、見た目にはわかりにくい車いすアスリートの体の状態も聞けば聞くほど、欠損した機能を補いながらスーパープレーを連発していることが浮き彫りになってきた。

目に見えにくい障害の状態をわかりやすく。

里見「車いすバドミントンはこの前後の動きが基本です。これを長時間やるので、両手の握力がどんどん落ちていきます」

松岡「思ったよりも大きく前後に動くんですね。こりゃ、相当な握力が必要だ」

山崎「特に国際大会の上位大会になると、選手のレベルが上がってラリーがどんどん長くなるので、それに耐えられるだけの筋力と体力をつけるというのが、里見選手の目下の課題です」

松岡「紗李奈さんのWH1クラスには、どういう状態の選手が分類されるのか、もう少し詳しく教えてもらえますか?」

里見「車いす部門には男女ともWH1クラスとWH2クラスがあって、大きな差は体幹が利くか利かないかです。私は障害のレベルが重いWH1クラスで体幹が利かない方です」

松岡「腹筋は?」

里見「腹筋は利くところと利かないところがあるけど、わりと状態はいいです。でも、背筋は使いにくいので、前に落とされたカットショットを拾うとき、適度なところで上体を止めることができません。なので、ラケットを持っていない左手で車いすのリング(車輪)をぎゅっと掴んで、上体を倒しすぎないようにしています」

山崎「背筋がしっかり使えれば、上体が倒れてもすぐに起こせるんですが、彼女の場合は前に潰れちゃうので、起こすのに時間がかかってしまうんです」

松岡「そういうのをテレビの実況や解説で教えてほしいですね。見ているだけじゃ、わかりませんから。『彼女の武器はこういうプレーで、この部分は背筋が弱くてあまり動けないんです』とか。そういう説明を聞くと、パラアスリートって、すごいことをやっているなと、見ている人がもっと感じると思うんですよね」

里見「私も東京パラリンピックでは、そういうことを言ってほしいし、知ってもらえたらいいなと思います」

【次ページ】 課題はバック前ショットへの対応。

1 2 3 4 NEXT
松岡修造
里見紗李奈
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ