松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

パラバドミントンの超新星現る!
松岡修造が里見紗李奈にラリーを挑む。

posted2020/06/11 11:00

 
パラバドミントンの超新星現る!松岡修造が里見紗李奈にラリーを挑む。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

多くの車いす競技を取材してきた松岡修造さんも、さすがにラケットを振りながらは難しい!

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 松岡修造がパラアスリートとじっくり向き合い、その半生を掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。第12回のゲストは東京2020パラリンピックの新競技に採用されたパラバドミントンの里見紗李奈さんだ。

 競技歴わずか2年あまりでシングルス世界女王に君臨。国内外で注目を集める若手の星は笑顔がチャーミングな“ゆるふわ”系女子。しかし、根は負けず嫌いのアスリート気質で、秘めたる闘志を胸に東京パラリンピックでシングルス、ダブルス両方の金メダルを狙う。

 いざインタビューが始まると、一般的なアスリートのイメージからはだいぶかけ離れている。気合い満々で臨んだ松岡さんものっけから、里見選手のゆる~いペースに巻き込まれてしまった。

思いがけない第一声に拍子抜け。

松岡「紗李奈さん、今日はよろしくお願いします」

里見「わ~、本物だ~」

松岡「え、そんな感じ?」

里見「だって、テレビで見るのと同じ!」

松岡「(気を取り直して)これがパラバドミントンのネットですか? 健常のバドミントンと同じ高さ? ちょっと低い気がするなぁ」

里見「これって、もう取材、始まってるんですか?」

松岡「はい、始まってます(笑)」

里見「ネットの高さは健常のバドミントンと同じです。ポイントも21点制の3ゲームマッチで一緒。でも、コートはシングルスの場合、半面だけを使うんですよ。さらにネットからショートサービスラインの間はアウトです」

松岡「それだけ範囲が狭いと、なかなかポイントが決まらないんじゃないですか?」

里見「そう思うかもしれませんけど、実際にプレーしてみると意外に広く感じますよ」

【次ページ】 動きの中心は前後のストップ・アンド・ゴー。

1 2 3 4 NEXT
松岡修造
里見紗李奈
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ