JリーグPRESSBACK NUMBER

Kリーグがついに開幕も……。
Jリーグは何を学ぶべきか?

posted2020/05/11 20:00

 
Kリーグがついに開幕も……。Jリーグは何を学ぶべきか?<Number Web> photograph by Getty Images

徹底的に感染予防対策をした上での開幕だが……無観客試合で選手は「練習試合のような気持ちになってしまった」と告白。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

 韓国のKリーグが、5月8日から10日の週末にかけて開幕した。本来は2月の最終週に開催予定だったものが、新型コロナ禍により2カ月あまり遅れで開催されたのだ。

 都度ではあるが先に「再開日程」を発表してきた日本よりも早い試合開催となった。また世界のプロリーグのなかでは、結果的にかなりの早期開始となった。4月24日に無観客での開幕を発表し、29日に一部が短縮された日程が発表になったが、この間にコンテンツが枯渇する世界36カ国にKリーグの放映権が売れたのだという。

・3月の時点で販売されていた国
中国、マカオ、香港、クロアチア、ボスニア、セルビア、スロベニア、モンテネグロ、マケドニア、コソボ。

・4月29日のリーグ日程発表後に販売された国
ドイツ、スイス、オーストリア、オーストラリア、インド、マレーシア、イスラエル。

・5月8日の開幕前に販売した国
イギリス、ロシア、ウクライナ、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、パキスタン、アフガニスタン、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ。

 また開催時のマニュアルは、欧州の各リーグに共有されることも決まっている。

 そこには防疫方法のほか、「全日程の何%までが消化されればリーグが成立するか」といった点などが記されているという。

 なぜ韓国で早期開催が可能だったのか。

 選手からひとりも新型コロナの陽性反応が出なかったからだ。そしてチームが一時解散することなくトレーニングを続けていたことも理由の1つだ。

【次ページ】 JリーグとKリーグの決定的な差とは?

1 2 3 4 NEXT
Kリーグ
全北現代モータース
水原三星ブルーウィングス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ