熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

武漢に3カ月半ぶり戻れたR・シルバ。
コロナ封鎖解除の街はどうなった?

posted2020/05/07 07:00

 
武漢に3カ月半ぶり戻れたR・シルバ。コロナ封鎖解除の街はどうなった?<Number Web> photograph by Getty Images

4月、武漢に戻った時のラファエル・シルバ。新型コロナウイルスの脅威がひとまず去ったが警戒は緩めていないという。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 クラブカラーであるオレンジのユニフォームやジャンパーを着込んだ数十人のサポーターが「橙市英雄 歓迎回家」(オレンジ色の町の英雄たちの帰還を歓迎する)、「武漢必勝」などの横断幕を掲げ、ヴィレッジ・ピープルの1979年のヒット曲「ゴー・ウエスト」の替え歌を合唱して迎える。

 スペイン人のホセ・ゴンサレス監督やコーチ陣、選手のひとりひとりに、花束が手渡される。やや緊張した面持ちの者、家族や知人の顔を見つけて破顔一笑する者……。

 4月18日夜、中国1部の武漢卓爾が武漢駅に帰り着いた。104日間という世界フットボール史上最長記録を大幅に更新した(であろう)長い長いプレシーズン合宿の、少なくとも“前半”を終えて。

コロナ禍に弄ばれた3カ月半。

 この3カ月半の間、チームは新型コロナウイルスに弄ばれ続けた。

 昨年12月に武漢で新型コロナウイルスが発見され、1月1日、その発生源とされる海鮮市場が閉鎖された。

 武漢卓爾は、1月2日から中旬まで広州で第一次合宿を張る。旧正月(春節)休みでいったんチームは解散し、1月29日から2月18日までスペイン南部で第二次合宿を行なう予定だった。

 1月23日、ウイルスの感染拡大を理由に、突如、武漢の町が封鎖される。選手たちの多くは、武漢に残した家族を気遣いながら、スペインへ向かう。

 チームは、マラガなどで練習を開始。近隣のプロチームと多くの練習試合をこなしてチームを強化する予定だったが、いろいろな障害に直面する。

 1月中旬以降に中国で感染が広がり、クラブはスペイン滞在を延長することを決めた。ところが3月以降、今度はスペインで感染が爆発的に拡大。中国よりむしろ危険な状態となり、3月16日に帰国する。

【次ページ】 4月、ようやく本拠地に戻れた。

1 2 3 4 NEXT
ラファエル・シルバ
浦和レッズ
アルビレックス新潟
武漢卓爾

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ