Number ExBACK NUMBER

あだち充漫画のキャッチャーの魅力。
「太めで長打力」からイケメンへ。

posted2020/05/08 19:00

 
あだち充漫画のキャッチャーの魅力。「太めで長打力」からイケメンへ。<Number Web> photograph by (c)あだち充/小学館

あだち充作品の表紙は主役級しか登場しないため、『MIX』の立花走一郎は初めてコミックスの表紙に登場したキャッチャーでもある。

text by

松尾奈々絵(マンガナイト)

松尾奈々絵(マンガナイト)Nanae Matsuo

PROFILE

photograph by

(c)あだち充/小学館

 あだち充の野球漫画の主人公といえば、多くはピッチャーである。エースとして甲子園のマウンドに立ち、華々しく活躍する存在だ。

 ストーリーのメインになるのは、主人公と女の子とライバルの三角関係を中心とした人間関係の揺れ動きだ。そのため、野球部の選手全員が深掘りされるわけではなく、モブキャラ(その他大勢)として描かれているチームメイトも多い。

 そんな中、主人公のよき理解者として描かれるのがキャッチャーである。主人公たちを陰ながら支えたり心配したりと登場場面も多く、名脇役として物語を盛り上げる役を担っている。

最新作のキャッチャーは細い!

 さて、あだち充のキャッチャーといえば「太っていて、長打力がある」イメージが強い。あだち充本人も、かつてそう語っている。しかし、現在連載中の『MIX』ではそのお約束が破られ、「細身で女の子にモテる、主人公の義兄」の立花走一郎がキャッチャーを務めている。

 そして「太っていて長打力がある」キャッチャーたちも、あらためて読み返すと、性格的にはそれぞれ違う魅力を持っていることに気づく。今回は『タッチ』の松平孝太郎と『H2』の野田敦、そして『MIX』立花走一郎を中心に、共通点や違いを見ながら彼らの魅力を探る。

【次ページ】 松平孝太郎は、感情豊かな底抜けの「いい奴」。

1 2 3 4 5 NEXT
あだち充

高校野球の前後のコラム

ページトップ