Number ExBACK NUMBER

あだち充漫画のキャッチャーの魅力。
「太めで長打力」からイケメンへ。 

text by

松尾奈々絵(マンガナイト)

松尾奈々絵(マンガナイト)Nanae Matsuo

PROFILE

photograph by(c)あだち充/小学館

posted2020/05/08 19:00

あだち充漫画のキャッチャーの魅力。「太めで長打力」からイケメンへ。<Number Web> photograph by (c)あだち充/小学館

あだち充作品の表紙は主役級しか登場しないため、『MIX』の立花走一郎は初めてコミックスの表紙に登場したキャッチャーでもある。

ついにキャッチャーが「足の速いイケメン」に。

 そして現在連載中の『MIX』では、キャッチャー像が大きく変化したことが目を引く。言葉を選ばずにいえばキャッチャーが「足の速いイケメン」になったのだ。

『MIX』の舞台は、『タッチ』から約30年後の明青学園。すっかり低迷した明青学園の野球部に入部した、同い年の義兄弟である立花投馬・走一郎たちが、甲子園出場を目指す物語である。

 投馬がピッチャー、走一郎がキャッチャーを務める。タッチで言えば上杉和也がキャッチャーをしているようなもので、ファンの間には「走一郎は大丈夫なのか」とハラハラしている空気もある。

「キャッチャーの成長」が描かれる?

 キャッチャー像が変わったことの楽しみは、これまであまりなかった「キャッチャーの成長」が描かれるのではないか、という部分だろう。

 過去の作品ではキャッチャーは「メイン」のステージにはおらず、脇役として話を支える存在だった。それが今作では「もう1人の主人公」になったことで、恋愛関係がどうなるのかも気になるが、キャッチャーとしてどう変化し、成長するかも見所だろう。

「あだち充作品は主人公の顔や展開が一緒」と言われることがあるが、読んでいくと、実際はテーマや価値観が作品ごとにアップデートされているのがわかる。今回取り上げられなかった『クロスゲーム』も含めて、読み返すたびに発見があり、キャッチャーの変化もその1つに過ぎない。

 まずは『MIX』がどんな物語になるのかを見届けたい。個人的には、走一郎の活躍を切に願う。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
あだち充

高校野球の前後の記事

ページトップ