プロ野球亭日乗BACK NUMBER

松井秀喜、5月1日プロ一軍デビュー。
507本塁打、2643安打への衝撃と障壁。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/05/01 18:00

松井秀喜、5月1日プロ一軍デビュー。507本塁打、2643安打への衝撃と障壁。<Number Web> photograph by KYODO

1993年5月1日、巨人・松井秀喜外野手が第2打席で、ヤクルト・西村龍次投手からプロ初安打となる中越え二塁打を放った。

とにかくフルスイングして長所を伸ばす。

 ただ、結果的には開幕直前の二軍落ちは、松井が1つステップアップする結果へとつながった。

 一軍の投手のボールのキレと厳しい攻めにスイングが小さくなっていた。しかし当時の末次利光二軍監督から命じられたのは、とにかくフルスイングして自分の長所を伸ばすことだった。

 悔しさをバネに松井も必死にバットを振った。

 一軍では結果が出ないでスイングが小さくなっていたが、大きくバットを振ることで、本来のスイングスピードも取り戻していった。すると二軍とはいえ、着実に結果を残すようになっていった。

 イースタンリーグの開幕戦で“公式戦1号”を放つと、二軍の12試合で打率3割7分5厘、4本塁打の活躍を見せた。

2試合目で高津からプロ1号。

 そして晴れて5月1日に一軍昇格を果たすと、いきなり初安打と初打点をマーク。翌2日のヤクルト戦では高津臣吾投手から右翼にプロ1号を放った。

 そこからメジャーへと続く、松井の20年におよぶプロ野球人生が本当に始まるのである。

 1年目の1993年は8月にもファームに落とされるなど、苦闘の日々はまだまだ続く。

 それでも長嶋監督と二人三脚の「1000日計画」で打撃を磨き、巨人の4番、日本の4番からニューヨーク・ヤンキースの4番への道を歩んでいった。その足跡を振り返れば、必ず最初の1歩がある。

 日米通算507本塁打、2643安打のそれぞれの1本目は、確かに27年前のこの2日間に刻まれていたのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松井秀喜
長嶋茂雄
須藤豊
読売ジャイアンツ
西村龍次
高津臣吾
東京ヤクルトスワローズ
石井一久

プロ野球の前後の記事

ページトップ