JリーグPRESSBACK NUMBER

因縁ぶつかり合った19年前のあの日。
エコパに響いた5万2959人の熱狂。

posted2020/05/12 11:50

 
因縁ぶつかり合った19年前のあの日。エコパに響いた5万2959人の熱狂。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

エコパスタジアムのこけら落としとして行われた静岡ダービーには5万人を超える大観衆が詰めかけた。

text by

望月文夫

望月文夫Fumio Mochizuki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 サッカー王国と言われてきた静岡県。だが、3度のリーグ優勝を誇るジュビロ磐田は、昨季J2に降格。そして日本一のサッカーどころをホームタウンとする清水エスパルスも、最終節になってようやくJ1残留を決めるような低空飛行を続けている。清水は今季は横浜F・マリノスをヘッドコーチとしてリーグ制覇に導いたクラモフスキー監督を招聘したが、残念ながら開幕前の各メディアの予想順位は低く、一気に上位争いを演じるのは厳しいと見られている。

 静岡のサッカーファンや関係者にとっては何とも屈辱的な状況だが、この両クラブがこれまで戦ってきた静岡ダービーはかつて黄金カードと位置付けられ、「日本最大のダービーマッチ」と称された時代もあった。まさにその対戦の1つが、日韓ワールドカップを翌年に控えた2001年5月12日の大一番である。

史上最多の5万2959人を動員。

 この年のJリーグ第1ステージ第9節は、W杯会場の1つとなった静岡スタジアム・エコパのこけら落としとして行われ、いまだ静岡ダービー史上最多を誇る超満員の5万2959人がスタンドを埋めた。この数字は会場の定員数を超えており、試合を主催した清水の当時の広報担当者は「親に連れられて、席がいらない幼児も含んだ数字」と説明している。

 その静岡ダービー人気をさらに後押ししたのが、この年の両チームの成績だ。

 アウェーの磐田は、前節まで8戦全勝でリーグ首位。ホームで迎え撃つ清水も勝点8差ながら2位を維持し、地元ライバルの優勝阻止と逆転優勝も視野に入れた激しい首位決戦だった。さらに言えば、磐田はこの2年前にアジアスーパー杯(アジアクラブ選手権王者とカップウィナーズ杯王者が対戦)を制した大陸王者、そして清水も前年の同大会で準優勝と、アジア頂上決戦と呼んでもおかしくない一戦だったのだ。

【次ページ】 日本代表、静岡県出身選手が多数。

1 2 3 4 NEXT
ジュビロ磐田
清水エスパルス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ